雨漏り修理110番 トップページ > 最新情報・レポート > 防水工事の始め方|屋根やベランダの施工に迷ったときおすすめの工法

防水工事の始め方|屋根やベランダの施工に迷ったときおすすめの工法

防水工事の始め方|屋根やベランダの施工に迷ったときおすすめの工法

防水工事は建物を長持ちさせるためには必須です。ビルでも戸建住宅でも、水が侵食してしまうとボロボロになってしまいます。「たかが防水工事」と考えていると、あとでさまざまな不便に見舞われてしまうかもしれません。

このコラムでは、防水工事を始める際に知っておくべき知識について解説していきます。ぜひ参考にしてください。

防水工事の基礎知識

防水工事とは、建物を雨や雪などの水分から守るための工事です。水分が建物に侵入すると雨漏りしたり基礎を腐らせたりして、建物はボロボロになってしまいます。そのため、家やビルなどの建造物を建てるときには、必ず防水工事をしておかなければなりません。

また、一度施工をおこなったとしても、それで終わりではありません。防水材の種類にもよりますが、耐久年数を過ぎた場合は再び防水工事をおこなう必要があります。耐久年数を過ぎていなくても防水材に劣化が見られる場合は、同様に再度施工したほうがよいでしょう。

雨漏りでお困りなら、雨漏り修理110番にお任せください!
通話
無料
0120-251-699 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

防水工事の種類|塩ビシート・ゴムシート・ウレタン・FRP

防水工事には工法や防水材ごとにさまざまな種類があります。工法には以下の2種類があります。

工法 特徴
密着工法 ・防水層を下地に密着させる工法
・工期が早くコストが低い
・ひび割れや膨れが発生しやすい
絶縁工法 ・防水層と下地の間に空気層を作る工法
・メンテナンスの手間が少ない
・頻繫に歩き回るような場所には向かない

また、建物のベランダや屋根に使われるおもな防水材は以下の通りです。こちらもそれぞれ特徴に違いがあります。

防水材の種類 特徴
塩ビシート ・耐久性が高い
・施工時の状態を維持しやすい
・複雑な形状にも対応できる
・可塑剤により割れやすい
ゴムシート ・コストが低く工期が短い
・複雑な形状には向かない
ウレタン ・コストが低く工期が短い
・素材が軽いため建物に負担をかけない
・複雑な形状にも対応できる
・施工には高い技術が必要
FRP ・耐熱性が高く、劣化に強い
・工期が短い
・紫外線に弱い
・施工中の臭いがきつい

種類別の価格単価

種類別の価格単価

次に防水材の種類ごとの相場を見ていきましょう。

防水材の種類 価格単価
塩ビシート 4,000~8,000円程度
ゴムシート 4,000~8,000円程度
ウレタン 4,500~7,000円程度
FRP 6,000~8,000円程度

※価格単価は1平方メートルあたりの数値です。

種類別の耐用年数

防水材の種類ごとに耐用年数にも差があります。

防水材の種類 耐用年数
塩ビシート 10~15年程度
ゴムシート 10~15年程度
ウレタン 8~10年程度
FRP 10~12年程度

防水工事の工程

こちらも種類によってさまざまですが、基本的な工程は以下の通りです。

1.下地の洗浄
2.下地の調整
3.防水施工
4.研磨
5.トップコートの塗装

屋根・ベランダの防水工事はどの工法を選ぶべき?

ここまで基本的な防水工事の種類について見てきましたが、結局どれを選べばよいのかわからないという方も多いはずです。この章では屋根・ベランダ別に防水工事を選ぶポイントについて解説していきます。

屋根の防水工事

屋根の防水工事

屋根に防水工事をする場合、まずは施工面積を見ましょう。50平方メートル以上であれば、ゴムシート防水や塩ビシート防水がおすすめです。50平方メートル以下であれば、ベランダの防水工事を選ぶ基準を参考にしてください。

ベランダの防水工事

ベランダの防水工事をする際は形状を確認してください。形が複雑であれば、ウレタン防水がおすすめです。単純な四角形のような床面の場合は、FRP防水を選ぶとよいでしょう。

しかし、これを読んでいる方の中には、「信頼できるプロに相談してから決められないかな?」とお悩みの人もいるかもしれません。そんな方はぜひ弊社までご連絡ください。弊社はお客様の近くにいる業者の紹介をするマッチングサービスをおこなっています。ぜひご利用ください。

雨漏りでお困りなら、雨漏り修理110番にお任せください!
通話
無料
0120-251-699 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

防水工事会社に見積りを依頼しよう!業者の選び方

防水工事をする際は、必ず事前に業者に見積りを依頼します。そんなとき、どういった業者に依頼したらよいかと迷う方もいるかもしれません。基本的に業者に見積りを依頼するときは、一社ではなく複数社から取る、相見積りをすることがおすすめです。そのほうが業者を比較しながら決めることができます。

相見積りをする業者はインターネットなどで探しましょう。そのとき、なるべく実績の多い業者を選んでみてください。また、たくさんのよい口コミがある業者かどうかもポイントになります。

防水工事はDIYできる?

防水工事はDIYできる?

「ちょっとした劣化だしDIYでできないかな?」と思っている方もいるでしょう。ただ、防水工事は素人にできるものではありません。トップコートという一番表面の施工くらいなら自分でもできますが、劣化したり耐用年数が過ぎたりしている場合は、しっかり業者に依頼したほうがよいでしょう。

今すぐ業者に依頼したいという方は、弊社にお手伝いさせてください。迅速に業者をご紹介させていただきます。お見積りは無料です。

雨漏りでお困りなら、雨漏り修理110番にお任せください!
通話
無料
0120-251-699 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
0120-251-699 0120-697-267
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで