雨漏り修理110番 トップページ > 最新情報・レポート > 屋上の防水工事費用は種類によって異なる!工事の種類や費用をご紹介

屋上の防水工事費用は種類によって異なる!工事の種類や費用をご紹介

屋上の防水工事費用は種類によって異なる!工事の種類や費用をご紹介

約50平方メートルの屋上の防水工事費用は、一般的に15万円~40万円程度と幅があります。屋上の防水工事にはさまざまな種類が存在しており、種類によって費用が異なるからです。そのため屋上の防水工事をおこなうのであれば、工事の種類を理解しておくことが大切です。

ただし、屋上の広さ・状態などさまざまな要因によっても費用は変動します。費用の詳細を知りたい場合は、個別に業者から見積りをとるようにしましょう。

この記事では、屋上の防水工事の種類や費用についてご紹介しています。業者を選ぶときのポイントや注意点についてもお伝えしていますので、ぜひ参考にしてみてください。

屋上の防水工事の費用と特徴

屋上の防水工事費用は、工事の種類によって異なります。この項目では、それぞれの種類の費用と特徴についてご紹介します。

ウレタン防水

ウレタン防水

業者にウレタン防水を依頼した際にかかる費用は、次のとおりです。

  • 約50平方メートルあたり【25万円~35万円程度】
  • 1平方メートルあたり【5,000円~7,000円程度】

ウレタン防水とは、ウレタン樹脂と呼ばれる化合物を塗装する防水工事です。ウレタン樹脂は液体状なので、屋上の床面がある程度デコボコしていても左右されずに塗装することができます。そのため、さまざまな状況に対応できるというのがメリットです。ウレタン樹脂の種類にもよりますが、ツルツルとした仕上がりになり、光沢感を出すことができます。

一方、紫外線に弱く、耐久性もそこまで高くないため、劣化しやすいというデメリットがあるという点には注意が必要です。

シート防水

業者にシート防水を依頼した際にかかる費用は、次のとおりです。

  • 約50平方メートルあたり【15万円~30万円程度】
  • 1平方メートルあたり【3,000円~6,000円程度】

シート防水とは、塩化ビニールなどの防水シートを施工箇所に貼り付ける防水工事です。シートを貼り付けるだけで防水効果を得ることができるため、作業時間が短く、安価というメリットがあります。

しかし、屋上の形状によってはシートを貼り付けることができないという点には注意は必要です。また、シートを貼り付ける際に機械を使用する場合は、振動音が出てしまい近隣に迷惑をかけるので、事前に工事のお知らせをしておく必要があります。

アスファルト防水

アスファルト防水を依頼した際にかかる費用は、次のとおりです。

  • 約50平方メートルあたり【25万円~40万円程度】
  • 1平方メートルあたり【5,000円~8,000円程度】

アスファルト防水とは、合成繊維にアスファルトを混ぜた素材を施工箇所に貼り重ねる防水工事です。アスファルトを混ぜていることから、水をよく弾き非常に防水性が高いという特徴があります。

しかし、熱を使ってアスファルトを溶かす工法(熱工法)の場合、専用の溶解窯が必要になります。また、アスファルトを溶かしたときに独特の臭いが発生するという点には注意が必要です。工法によっては熱を使用しないものもあるので、アスファルト防水を希望する際は業者に相談してみましょう。

FRP防水

FRP防水を依頼した際にかかる費用は、次のとおりです。

  • 約50平方メートルあたり【30万円~40万円程度】
  • 1平方メートルあたり【6,000円~8,000円程度】

FRP防水とは、樹脂とガラス繊維のシートを重ねていく防水工事です。プラスチックのような仕上がりで、軽量に関わらず耐久性が高いという特徴があります。また、10メートル四方の広さなら1~2日ほどで工事が完了するなど、工期が短いという点がメリットです。

しかし、紫外線に弱く定期的にトップコートを塗布する必要があるという点にご注意ください。また、耐久性は高いですが、伸縮性が低いというデメリットがあります。太陽などの熱によってヒビが入りやすくなるので、10平方メートル以上の屋上には向きません。そのため、ベランダなど比較的狭い場所で使用されることが多くなっています。

まずは業者に相談してみよう!

自分の希望に合った屋上の防水工事をおこなうには、屋上の状態に合わせて最適な工事の種類を選ぶことが大切です。しかし、専門的な知識をもっていない素人では判断が難しいため、業者に相談するのがおすすめです。

業者であれば、屋上の状態を確認したうえで、依頼者の希望に合った工事を提案してくれます。弊社にご連絡いただければ、屋上の防水工事が可能な業者をご紹介いたします。

雨漏りでお困りなら、雨漏り修理110番にお任せください!
通話
無料
0120-251-699 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

屋上の防水工事を業者に依頼する際の注意点

屋上の防水工事を業者に依頼する際、いくつかの注意点が存在します。注意点を知らないまま依頼すると、自分の希望と違った結果になってしまうことも……。屋上の防水工事を業者に依頼する際の注意点については、以下のとおりです。

雨漏りが起きている場合は屋根業者に依頼する

雨漏りが起きている場合は屋根業者に依頼する

屋上の防水工事をおこなう際、防水業者に依頼して防水工事をおこなってもらいます。しかし、すでに屋上から雨漏りが起きている場合、防水業者ではなく雨漏りの診断と修理ができる屋根業者に依頼する必要があります。

これは、防水業者は防水工事をおこなうのみであり、雨漏りの対応自体はおこなっていないことが多いためです。防水業者は防水材の劣化に対する補修はできますが、雨漏りの根本的な原因までは突き止めてくれないことがほとんどでしょう。

そのため、雨漏りが起きていない場合は防水業者、すでに雨漏りが起きている場合は雨漏り診断士のいる屋根業者に依頼するようにしましょう。

賃貸の場合は管理人に相談する

屋上の防水工事をおこなう建物が個人の所有物であれば問題ありませんが、賃貸の集合住宅などに住んでいるという場合は、管理人に相談してから業者に依頼するようにしましょう。

屋上や建物の経年劣化による雨漏りは、管理人の責任となるケースが多いからです。個人の判断で防水工事をおこなうと、管理人とトラブルになってしまうおそれがあります。

悩みがある場合は業者に相談してみよう!

弊社にご連絡いただければ、最適な業者をご紹介いたします。雨漏りがすでに発生している場合は、雨漏り修理ができる業者をご紹介させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

雨漏りでお困りなら、雨漏り修理110番にお任せください!
通話
無料
0120-251-699 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

信頼できる業者の選び方

初めて屋上の防水工事を業者に依頼するという場合、信頼できる業者を選ぶにはどうしたらよいかわからないということが多いでしょう。適当に業者を選ぶと、自分の希望と違った結果となってしまうおそれもあります。ここでは、信頼できる業者の選び方についてご紹介します。

アフターフォローが充実している

アフターフォローが充実している

防水工事は、その場では完璧に施工できていたとしても、日が経ってから不備が現れることがあります。そういった場合に、期間内であればアフターフォローをおこなってくれる業者なら安心です。地域密着型や全国対応可能の業者なら、スピーディーに対応してくれることでしょう。

また、業者によっては定期点検をおこなってくれるところもあるため、メンテンナンスという面でも安心できます。依頼する際は、メンテナンスについての説明もきちんとおこなってくれる業者がおすすめです。

現地調査による見積りが無料

業者に屋上の防水工事を依頼するときは、複数の業者から見積りをとって内容を比較しておくことが大切です。少しでも費用をおさえるためには、現地調査による見積りが無料の業者を選ぶとよいでしょう。

こちらの日程に合わせてくれる

アフターフォローが充実しており、現地調査による見積りが無料の業者であっても、こちらと日程が合わなければ依頼することができません。

そのため、休日や早朝などでも対応してくれる業者を選ぶのがおすすめです。対応できる日程が多い業者であれば、こちらの日程に合わせてもらえる可能性も高くなるでしょう。

業者選びに迷ったら

自分で屋上の防水工事に最適な業者を選ぶのが難しいという場合、弊社にご連絡ください。弊社は防水工事に対応している多数の業者と提携を結んでおります。全国に加盟業者がありますので、お近くの業者をご紹介することが可能です。弊社に業者探しを任せていただけば、たくさんの業者を調べる手間は必要ありません。

「無料で現地調査や見積りをしてほしい!」「休日に対応してほしい!」など、業者へのご要望を弊社の相談窓口にお聞かせください。対応可能な業者を厳選してご紹介いたします。24時間お電話を受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

雨漏りでお困りなら、雨漏り修理110番にお任せください!
通話
無料
0120-251-699 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
0120-251-699 0120-697-267
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで