雨漏り修理110番 トップページ > 最新情報・レポート > ベランダの防水工事|トップコートと防水層の種類と費用を解説

ベランダの防水工事|トップコートと防水層の種類と費用を解説

ベランダの防水工事|トップコートと防水層の種類と費用を解説

ベランダの床の塗装がはげていたり、ヒビが入っていたりしている場合、ベランダの防水工事をしてベランダの床を新しいものにしておく必要があります。なぜならこれらの症状がでているということは、ベランダの防水機能が劣化している可能性が高く、やがて雨漏りになるおそれがあるからです。

この記事では、ベランダの防水工事を業者に依頼するときに知っておきたい防水層の種類や費用などについて解説します。参考にして、ベランダを新しくリフォームし、防水機能を高めてみてください。

ベランダの防水工事の施工方法

まずは、ベランダの防水工事における基本的な情報について知ってみましょう。ここでは、ベランダの防水工事の「構造」「費用相場」「DIY可能か」について順番にご紹介していきます。

防水工事の構造

防水工事の構造

ベランダの防水工事は、それぞれの役割を持つ複数種類の材料を重ね合わせて、ベランダの防水機能を維持しています。防水工事をおこなうときは、建物の下地とよばれる部分の上からプライマー類や樹脂などの材料を重ね合わせ、最後に一番外側の材料となる「トップコート」とよばれる紫外線などに強い丈夫な素材を敷いて、防水機能を高めていくのです。

費用相場

ベランダの防水工事をしていくうえで気になるのは、費用相場についてでしょう。ベランダの防水工事の費用は一律いくらと決まっているのではなく、そのベランダの広さと防水工事で使う防水層の種類によって異なるのです。そのため、実際にいくらかかるのか知りたい場合は、防水工事のプロに調査をお願いし、見積りを取ってもらうのがよいでしょう。

また、以下に家庭のベランダでよくある「10平方メートルあたり」の費用相場を、防水層の種類別にまとめました。自身のベランダの状況により費用は変わることがあるため、あくまで「参考程度」に確認してみてください。

【防水層別での費用相場】

FRP防水:10万円以上
ウレタン防水:5~10万円
塩化ビニールシート:4~8万円
ゴムシート:3~7万円

DIYについて

結論からいいますと、ベランダの防水工事はDIYでおこなうことが可能です。しかし、施工のリスクを考えると業者に依頼して丁寧に施工してもらったほうが安心できるでしょう。

ベランダの防水工事をDIYでおこなえば、業者に依頼するときよりも安い価格で防水層を新しくすることができます。ただ、防水工事の施工そのものはとても難しい作業。慣れない方が防水工事をすると手順の間違いによる施工のミスができてしまい、防水機能がうまく働かない場合があります。

しかし、ベランダの防水工事を業者に施工してもらうことで、プロによる高い技術でベランダを新しくできて、ベランダの寿命を維持しやすくなるのです。さらに、業者によっては施工後数年間のうちにベランダの防水層にトラブルがあった際に備えて保証がつけられることも。DIYだとすべて自分で解決する必要があるため、手間を考えるとDIYは大変です。

もし、ベランダの防水工事をDIYではなく業者に依頼したいという場合は、ぜひ弊社にご相談ください。弊社では、ベランダの防水工事を丁寧に施工してくれる業者を紹介するサービスを展開しています。もしお困りのことがあれば、お電話にてご連絡ください。

トップコートの種類は2種類

前の章で少し話が出てきましたが、防水層の一番上の層には、「トップコート」とよばれるものが敷かれていて、防水機能を紫外線から守ってくれます。このトップコートには「ポリエステル系」と「ウレタン系」の2種類があり、それぞれ特徴が異なるのです。

ここでは、その特徴について解説していきます。なお、新築以外でベランダの防水工事をおこなう場合は、基本的にウレタン系のトップコートで施工されることが多いです。

ポリエステル系

ポリエステル系

ポリエステルは、おもに石油が原料となっている丈夫な素材の一種です。耐久性に優れているのがポリエステル系トップコートのメリットで、しかも吸水性が低いので雨水にさらされることの多い、ベランダのトップコート素材として向いています。

ただし、ポリエステル系は硬くて優秀な素材ではあるものの、それがデメリットになることも。硬い材質のため比較的に割れに弱く、経年劣化を補うための重ね塗り素材として向いていません。また、ウレタン系よりも費用が高くなりやすいです。

ウレタン系

ウレタン系トップコートに使われる「アクリルウレタン」は、紫外線に強くゴムのように伸縮性のある素材です。そのため重ね塗りがしやすく、継ぎ目のない仕上がりにすることができます。さらに継ぎ目のないトップコートは見た目として良くなるどころか、隙間がでにくいので防水機能もしっかりと維持ができるのです。また、ポリエステル系よりも費用が低くなりやすいのもメリットといえます。

しかし、ウレタン系のトップコートは比較的やわらかい素材のため摩耗しやすく、ポリエステル系のトップコートと比べて早い段階で劣化がみられることが多いのがデメリットです。そのため、定期的な重ね塗りなどの塗装メンテナンスをおこなわないと、防水機能を維持しにくいでしょう。

塗り替え目安

トップコートは雨水や紫外線などの影響に強いものの、防水層の一番外側にある素材のため、やがて劣化していき防水機能が失われていきます。そのため、定期的な塗り替えをおこなうようにしましょう。

一般的なトップコートの塗り替え目安は、5~10年あたりといわれています。とくにウレタン系のトップコートは、比較的劣化がおこりやすいため注意しておきましょう。

防水層の種類は特徴や寿命などから選ぼう

ベランダの防水工事で新しくする防水層の種類は、おもに「FRP・ウレタン・塩化ビニールシート・ゴムシート」の4つがあります。それぞれの特徴や検討するときに見ておきたい情報について解説していくので、防水層を選ぶときの参考にしてみてください。

FRP防水

FRP防水

【FRPで施工する場合の目安】

費用相場:10万円以上(10㎡あたり)
工期日数:約1~2日
耐用年数:約10~15年

FRP防水は軽量かつ高耐久という特徴を持った、ガラス繊維などを混ぜて作られている防水層のことです。比較的工期が短く、雨水やベランダの歩行によって生じる摩耗に対して強いのがメリット。

しかし、硬い素材のためヒビが比較的入りやすく、施工費用も高くなりやすいことに注意です。とはいえ、FRP防水の耐久性はベランダの防水工事と相性がいいため、性能を重視するなら前向きに検討したい防水層といえるでしょう。

ウレタン防水

【ウレタンで施工する場合の目安】

費用相場:5~10万円 (10㎡あたり)
工期日数:約4~5日
耐用年数:約10年

ウレタン樹脂をベランダの床に流し込み、何枚も重ねて防水機能を高めていくのがウレタン防水です。弾力性のある素材なため、施工後の仕上がりはほかの防水層よりもよくなりやすいです。しかし、FRP防水と比べて耐久性が落ちやすいのが少し気になるところ。防水機能そのものは高いので、ベランダ防水工事先としての選択肢として十分候補に入るでしょう。

塩化ビニールシート防水

【塩化ビニールシートで施工する場合の目安】

費用相場:3~7万円 (10㎡あたり)
工期日数:約5~10日
耐用年数:約10~15年

紫外線や熱に強い素材である塩化ビニールシートを、ベランダの下地に貼り付けるのが塩化ビニールシート防水です。日の当たりやすいベランダの防水工事としては最適で、天候の変化に強くなっています。さらに、摩耗にも強いのも注目したいポイント。また、施工方法の都合上、床が水平になっているベランダでしか施工できないため注意が必要です。

ゴムシート防水

【ゴムシートで施工する場合の目安】

費用相場:4~8万円 (10㎡あたり)
工期日数:約5~10日
耐用年数:約10~15年

ゴムシートを下地に貼り付けて防水機能を高めるのがゴムシート防水です。先ほどご紹介した塩化ビニールシートと施工方法が似ており、水平なベランダでのみ防水工事ができます。また、ゴムシートは伸縮性に優れた素材のため、地震などの衝撃によるひび割れや気温の変化に比較的強いです。

以上が、ベランダの防水工事をするときに検討しておきたい防水層の種類です。どの防水層も基本的にベランダと相性がよいですが、施工可能な条件やデメリットもあるので注意が必要。そのため、各防水層の特徴などを比較しながら自分の都合に合ったものを選ぶとよいでしょう。

また、ベランダの防水工事はどれにすればいいかわからない場合は、ぜひ弊社にご相談ください。弊社を利用することでプロの業者による現地調査を依頼でき、検討するうえで重要な防水工事費用の見積りを取ることが可能です。

ベランダの防水工事についてのFAQ

ここでは、ベランダの防水工事を検討・施工を依頼するうえでの疑問点に答えています。業者に防水工事を施工してもらう前にここの内容を把握しておくと、安心して依頼ができるでしょう。

Q1.テラスやバルコニーはベランダの防水工事とは異なりますか?

Q1.テラスやバルコニーはベランダの防水工事とは異なりますか?

A1.ベランダ・バルコニー・テラスの防水工事は基本的に同じです。

ベランダとバルコニーのおもな違いは、おもに屋根が付いているかです。バルコニーのほうは屋根が付いていないため日当たりが多いので紫外線や熱によって劣化しやすく、その点を考慮した防水層選びが必要になるでしょう。また、テラスが2階以上にある場合は、雨漏りなどを防ぐために防水工事が必要になります。

Q2.工事の日が雨でも施工できますか?

A2.不可能ではないが、雨天により施工が一時中止になる可能性が高いです。

小雨のような強くない雨の場合は、雨天でも施工がおこなわれる場合があります。しかし、雨の日の施工は仕上がりの良さに影響するため、作業時のリスクを考えると雨天中止になる可能性が高いでしょう。そのため、ベランダの防水工事はなるべく早いうちから業者に依頼したほうがよいといえます。

Q3.工事中のにおいは気になりますか?

A3.防水層の種類によっては、塗料などのにおいが気になる場合があります。

ベランダの防水工事では、さまざまな素材を使って防水機能を高めていくため、施工時に多少のにおいが出てくることは想定しておきましょう。どうしても心配な方は、塗料のにおいが比較的弱いウレタン防水で、ベランダの防水工事をしてもらう方法もあります。

ベランダの防水工事に関するFAQは以上となります。ほかに細かい疑問点がある場合は、防水工事業者に詳しい話を聞いてみるのもよいでしょう。もし、どの業者にベランダの防水工事を依頼すればいいのかわからない場合は、ぜひ弊社までご相談ください。弊社では防水工事についての専門知識と経験が豊富な業者を紹介することが可能です。

雨漏りでお困りなら、雨漏り修理110番にお任せください!
通話
無料
0120-251-699 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
0120-251-699 0120-697-267
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで