雨漏り修理110番 トップページ > 最新情報・レポート > 谷樋は雨漏りしやすい場所!?その理由と原因を詳しく解説します!

谷樋は雨漏りしやすい場所!?その理由と原因を詳しく解説します!

谷樋は雨漏りしやすい場所!?その理由と原因を詳しく解説します!

谷樋(たにとい)は雨漏りしやすい場所です。谷樋は屋根の谷型の部分で、雨水や雪などが溜まらないように排水する道の役割を果たしています。屋根に降った雨水などが集中する場所なので、劣化や腐食が起こりやすくなっているのです。

また、谷樋にゴミや落ち葉などが引っかかると流れが悪くなって水が溜まり、雨漏りにつながってしまいます。当記事では、谷樋が雨漏りしやすい理由や雨漏りする原因について解説していきます。

また業者に依頼したときの費用についてもご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

谷樋(たにとい)は雨漏りしやすい場所

「谷樋」は、複数の屋根がつながって谷になっている部分に設置されている溝で、素材はおもに以下のものが使われています。

  • ・ステンレス
  • ・トタン
  • ・銅板
  • ・ガルバリウム鋼板

上記の素材を使用するため、谷樋は「谷板金(たにばんきん)」とも呼ばれています。

雨漏りしやすい理由

雨漏りしやすい理由

谷樋は雨水などが溜まらないよう排水しているため、「雨水の通り道」ともいいます。雨が降るたびに雨水を流すので、傷みや腐食が進みやすいのです。そのため、谷樋は雨漏りしやすいという特徴をもっています。

また屋根と屋根の間にあるため細かい部分が見えにくく、劣化などしていても発見が遅れてしまいます。その結果、雨漏りなど重大な被害に発展するまで気付かないのです。ただし、梅雨や台風などの時期になる前に業者に点検してもらうことで、雨漏りする前に対策できるでしょう。

谷樋から雨漏りする原因

谷樋が雨漏りする原因は、おもに「経年劣化」「オーバーフロー(雨水の逆流)」「DIYによる修理」の3つになります。この章では、この3つの原因についてご紹介していきます。対策方法についても少し触れていますので、参考にしてみてください。

【原因1】経年劣化

【原因1】経年劣化

谷樋が経年劣化すると、谷樋の素材(ステンレスやトタンなど)が曲がったり、歪んだりします。そうすると、雨水や雪などが上手く排水されず溜まっていてしまうこともあるのです。谷樋に溜まった雨水などを放置しておくと、サビなどを起こしてしまいます。

とくに勾配が緩やかな屋根では雨水が溜まりやすいため、雨水が溜まりやすいです。もし勾配の緩やかな平坦な屋根の場合は、念のため一度業者に依頼して点検してもらうとよいでしょう。

【原因2】オーバーフロー(雨水の逆流)

溝になっている谷樋には、風で飛ばされてきたゴミなどが引っかかることもあります。ゴミなどが引っかかったままの状態になっていると、雨水が溢れ出して雨漏りにつながってしまうのです。

また台風や豪雨などの自然災害や、劣化によって発生した谷樋のサビや変形などでもオーバーフローは起こりやすいです。オーバーフローを起こさないためには、定期的に谷樋の点検をすることが大切です。屋根の上にあるゴミの除去や谷樋の補修は自分では難しいことが多いので、点検も含めてまずは業者に相談することをおすすめします。

【原因3】DIYによる修理

修理費用を抑えるために、自分で修理しようと考える方もいらっしゃることでしょう。しかし、自力で修理するのは、状況を悪化させるおそれがあります。

適切な修理ができていないと、雨水が流れる道がなくなってしまうということが起こる可能性があるのです。自分で谷樋を修理するのは、やめておきましょう。

谷樋の雨漏り修理の費用相場

谷樋の雨漏り修理は、DIYでおこなわず業者に依頼して修理してもらいましょう。適切な修理ができないことがあるうえ屋根の上で作業するため転落してケガをするおそれがあるからです。業者に谷樋の雨漏り修理を依頼した場合、かかる費用は以下のとおりです。

・修理費用
約8万円~20万円

ただし、雨漏りを放置していたり、屋根が経年劣化していたりすると修理作業が大掛かりになります。そのため、費用が80万円ほどと高額になる場合があります。またここでご紹介した費用はあくまで目安です。詳細を知りたい場合は見積りをとり、費用の内訳を聞いてみるとよいでしょう。

費用を抑えたいときは…

補助金を活用しよう!

雨漏り修理を業者に依頼すると、どうしても高額になる場合もあります。高額だと依頼するのもためらってしまいますが、費用を抑える方法を知っておくとためらわず修理を依頼することができるでしょう。費用を抑えるには、以下の方法があります。

・相見積りをとる
業者探しをするときは最低でも2~3つの業者から選ぶようにしましょう。複数業者から同じ条件で見積りをとり、比較することで自分の納得する費用で工事してくれる業者が見つかります。

見積りには工事内容や費用の内訳が詳細に明記されていて、スタッフは質問にしっかり答えてくれるかどうかも確認しておきましょう。工事内容や内訳をしっかり説明してくれる業者はち密な見積りを作成しているので、あとから追加費用などがかかる心配が少ないといえます。

・雨漏りしていることに気付いたら早めに業者に依頼する
雨漏りしていることに気付いたら、後回しにせず早めに業者へ連絡しましょう。「そこまで雨漏りしていないし大丈夫だろう」と思っていても、屋根の内側など目には見えない場所で被害が大きくなっているかもしれないからです。

谷樋などから内部に侵入した雨水は、壁や柱を伝って建物全体に広がって木材を腐食させていきます。建物の内部が湿気を帯びることでシロアリやカビが発生する原因にもなるのです。シロアリやカビは、さらに建物の腐食を進めて寿命を縮める要素になります。

そのように建物全体の腐食が進んだ場合、屋根だけではなく建物全体のリフォームが必要となるため、費用が高額になってしまいます。被害の拡大と費用を抑えるため、たとえわずかな雨漏りだったとしても早めに対処しましょう。

・火災保険が適用されるか確認する
台風や豪雨などによって建物が損害を受けた場合、火災保険が適用されることがあります。適用されれば雨漏り修理にかかる費用の負担が減るので、一度加入している保険会社に確認することをおすすめします。

ただし、以下のケースで火災保険が適用されないことがありますので注意しましょう。

〇適用されないケース
・過去5年以内に修理や塗装をしている
・修理費用が20万円以下の場合(保険会社によって異なるため確認は必要)
・破損・損傷してから3年以上経っている
・経年劣化が原因の場合

また、保険金を請求するには修理にかかる費用を証明するために、業者の作成した見積書などが必要です。そのため、DIYで修理したい場合は保険が適用されない場合がありますので注意しましょう。

もし業者選びでお困りになられましたら、弊社までご相談ください。弊社に加盟している業者が全国におり、その中からお客様のご要望に沿った業者をご紹介いたします。またお電話受け付けは24時間365日可能となっていますので、お客様のご都合に合わせてお問い合わせください。

0120-251-699 0120-697-267
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで