雨漏り修理110番 トップページ > 最新情報・レポート > ドレン(排水口)の雨漏りは詰まりが原因!防水機能の劣化に要注意

ドレン(排水口)の雨漏りは詰まりが原因!防水機能の劣化に要注意

ドレンからの雨漏りは劣化による防水機能の低下や詰まりが原因

ドレンは屋上やベランダからの雨漏りの原因になりやすい箇所です。ドレンは金属でできているため、雨水で錆びてしまい、防水機能を低下させてしまいます。また、詰まると排水が悪くなるため、水がたまった状態が続くのも雨漏りの原因となるのです。

この記事ではドレンによる雨漏りについて詳しく解説していきます。ぜひ参考にして、雨漏りに対処してください。

ドレンの役割と防水機能が低下する原因

ドレンはベランダや屋上に設置された排水口です。壁で囲まれているためベランダや屋上は、排水がおこなわれないとプールのように水がたまってしまいます。そうならないよう、排水を一手に担うドレンは、とても大切な役割をしているということです。

そのかわり、ドレンに異常が生じてしまうと、簡単に雨漏りにつながってしまいます。ベランダや屋上からの雨漏りは、床面などの防水層に原因があることもありますが、ドレンの異常が原因であるケースがとても多いです。ドレンは構造上、どうしても異常が起きやすい部位でもあるのです。

ドレンの構造

ドレンの構造

ドレンは壁や床の防水層と、雨どいをつなぐように設置されています。設置時はこれらがしっかりと接着されているので、水が漏ることはありません。また、水以外の異物が侵入しないよう、格子上のカバーが取り付けられています。

ドレンの劣化

ドレンは金属でできているため、雨水にさらされると次第に錆びてしまいます。錆がどんどん悪化していくうちにそれが原因となって、防水層や雨どいとの接着面にすきまができてしまったり、剥がれてしまったりすることがあります。そこから水が侵入して、雨漏りが起きてしまうのです。

これらのことから、ドレンと雨漏りは切っても切り離せない関係にあるといえるでしょう。しかも、ドレンの雨漏りの原因はこれだけではないのです。

ドレンの詰まりによる雨漏り

ドレンから雨漏りが起きるもうひとつの原因が詰まりです。排水を全てドレンが担っているのですから、そのドレンが詰まってしまえば雨水がたまってしまいます。

床や壁には防水加工がほどこされているはずですが、それも経年劣化とともに機能が低下していきます。そのため、長時間水がたまった状態が続くと、雨漏りが起きてしまいます。

この状態は、さらなる防水機能の低下を招くとともに、内部の建材の腐食にもつながるおそれがあります。雨漏りが進行してしまうと、修理には莫大な費用がかかることになってしまいますので、このような事態は避けたいところです。

詰まりの原因となるもの

詰まりの原因となるもの

ドレンが詰まりを起こしやすいのは、おもに次のようなものです。

  • ・砂埃
  • ・落ち葉
  • ・苔の発生
  • ・ガーデニングなどの土

常に外で風雨にさらされているため、このようなものが原因となりやすいのです。

また、洗濯ばさみや子供のおもちゃが入ってしまったために詰まったというケースもあります。そのようなものが侵入しないようカバーが取り付けられているはずですが、カバーが正常に機能していない場合や、カバーの格子よりも小さなものですと起こりえることです。ベランダや屋上を利用する際には、異物がドレンに入ってしまわないよう気をつけましょう。

そのほかにも、ベランダや屋上の防水工事をしたときに使われたモルタルやウレタンなどの素材が、ドレンに流れ込んでいたというケースもあるそうです。適切に工事が施工されていれば起きることのないトラブルですが、もし防水工事のご予定があるのであれば、しっかりと確認するようにしましょう。

ドレンからの雨漏りの対処法

これまでドレンが重要な役割を持っていることと、異常が起きやすい部位であることを解説してきました。ここではいよいよ、その対処法についてご紹介していきます。基本的には業者に依頼するかたちになります。

ドレンの詰まりを掃除する

防水工事の構造

ドレンが詰まってしまった場合は、掃除して詰まりを解消する必要があります。

自分で詰まりを解消できる道具も販売されているようですが、よほどひどい場合には効果がないかもしれません。自分でできそうなら試してみてもよいかもしれませんが、詰まりを取ろうとしてドレンを破損させてしまってはいけないので、無理せず業者に依頼するのがおすすめです。

また、ドレンの詰まりを防ぐために、日頃からこまめにドレンのまわりの掃除をおこなうことも大切です。

改修用ドレンを使う

ドレンが劣化している場合は、改修用ドレンを使って補修することが多いです。改修用ドレンは、既存のドレンの上に重ねて使用します。こうすることで劣化した部分をカバーできるのです。

改修用ドレンの入り口のまわりには鉛などのやわらかい金属の板がついているため、壁や床にしっかりと沿うように取り付けることができます。取り付けが終わったら、上から防水材を塗装して、すきまからの水の侵入を防ぎます。

ドレンを新しいものと取り替える

ドレンを全く新しいものに取り替えてしまうという方法です。ドレンのカバーにはさまざまなタイプがあり、異物が侵入しにくい形状のものもあるので、取り替える際にはそういったタイプのものを選ぶとよいでしょう。

改修用ドレンを使った補修も、新しいドレンと取り替える補修も、素人では難しい作業です。ドレンの劣化がみられる場合には、雨漏りがひどくなる前に業者へ相談することをおすすめします。

0120-251-699 0120-697-267
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで