雨漏り修理110番 トップページ > 最新情報・レポート > 雨漏りの原因は外壁と屋根にあった?!原因調査から修理までの流れ

雨漏りの原因は外壁と屋根にあった?!原因調査から修理までの流れ

雨漏りの原因は外壁と屋根にあった?!原因調査から修理までの流れ

 

雨漏りの原因はプロでないと簡単にはわかりません。屋根や外壁といった家の構造の一部が劣化、損傷して雨水が侵入するため、家の構造を理解している必要があるからです。そのため、自分で一時的に修理したとしても、再発や悪化してしまう可能性が高くなります。

原因がわからない雨漏りにお悩みでしたら、家中がビショビショになる前に一刻も早く雨漏り修理110番へご連絡ください。家の構造を理解している熟練のプロがすぐにかけつけます。

 

 

雨漏りの原因って何?どこから漏れてるの?

雨漏りの原因って何?どこから漏れてるの?

 

そもそもなぜ雨漏りが発生してしまったのか、原因がまったくわからないという方も多いのではないでしょうか?よほど目立った損傷でもない限り判断するのは難しいですし、雨漏りの原因が複数個所で起きていることも考えられます。そのため、プロでないと正確に原因を突き止めるのは難しいでしょう。ここでは、雨漏りの原因として考えられるケースを4つに分けてご紹介します。

【1】雨漏りの原因が屋根にあるケース

屋根は台風や大雨、積雪などにより負担がかかることが多いため、それが雨漏りの原因となりやすいです。とくに古くから使われるトタン屋根は耐久性に不安があるため注意しましょう。また瓦屋根の住宅は災害に強いですが、経年劣化により漆喰(しっくい)が損傷することもあるため油断できません。

どのような場合でも、屋根のような高所の雨漏り原因の特定はプロでないと危険なので、屋根の雨漏りが疑われるならまずは業者にみてもらいましょう。

【2】雨漏りの原因が外壁にあるケース

屋根と同じく雨漏りの原因となりやすい場所が「外壁」です。たとえば外壁が経年劣化により、外部からの衝撃や重さで耐えきれなくなってヒビが入ってしまうことが考えられます。またサイディングやコンクリートが使われている外壁である場合、壁材をつなぎ合わせるコーキングの割れ・剥がれにより、雨水が侵入する可能性もあるため注意が必要です。

【3】雨漏りの原因が窓にあるケース

窓サッシも雨漏りの原因として十分に考えられます。窓やサッシの枠部分による雨漏りはとくに原因になりやすく、コーキングの劣化や窓の開け閉めの衝撃、窓の重量負荷などさまざまな要因によって雨漏りが起こることがあるのです。窓枠付近の外壁はとくに損傷がおきやすい箇所です。また、上から雨漏りしている場合は天窓周りが原因になっているケースもあります。

【4】雨漏りの原因がベランダや屋上にあるケース

ベランダや屋上の床や排水溝の不具合によって雨漏りが引き起こされるケースもあるので注意が必要です。基本的にベランダや屋上の床は、防水層で作られているため水に強いですが、太陽の光や人が踏んだときの衝撃などにより、表面がはがれて雨漏りになることがあります。ほかにも、排水溝の経年劣化や詰まりによるものもなど、ベランダや屋上にもさまざまな雨漏りの原因があります。

 

雨漏りの原因調査をプロに依頼するのが最短で解決する方法

雨漏りの原因調査をプロに依頼するのが最短で解決する方法

 

結論からいいますと、自分でやるよりも業者に依頼するほうが最短で雨漏りの原因を特定できる可能性がグッと上がります。ここでは、雨漏りの原因調査を業者に依頼するのがベストな理由や、原因調査の内容・費用についてご紹介します。

自分で雨漏りの原因を調べるのはおすすめしません

自分で雨漏りの原因を調べることは可能ではありますが、調べても完全な原因を特定するのは非常に難しいです。なぜなら原因として怪しい箇所を見つけても、それ「だけ」が原因で雨漏りが起きているとは限らないからです。先ほども解説したとおり、たとえ1ヵ所の雨漏りでも原因はさまざま考えられます。

また、雨漏りの原因を確かめるために高い外壁や屋根に登った場合、落下事故により命の危険もあるのです。自分で調べるのは簡単な目視だけにして、あとは雨漏り修理のプロに原因調査をお任せしたほうが、手間もかからず安全に雨漏りの原因を知ることができます。

プロがおこなう雨漏りの原因調査方法をご紹介!

雨漏り修理のプロは、さまざまな方法を使って雨漏りの原因を調査してくれます。調査方法は業者や雨漏りの原因が疑われる場所によってさまざまで、基本的に以下の方法を使って原因の特定が可能です。ここでは、各調査方法の詳細を簡単にご紹介します。

 

調査方法 相場目安 内容
目視調査 無料~5万円 屋根などに登り怪しい箇所を目視で確認
散水調査 5~20万円 水を流して雨漏りの流れを調べる
赤外線調査 20~30万円 温度差を利用して雨漏り箇所を特定
発光液調査 10~25万円 発光液を流して雨水の侵入経路を特定
解体調査 無料~5万円 屋根などの一部を解体して詳しく調べる

 

より正確な料金を知りたい場合は、業者に調査の見積りを直接依頼しましょう。調査費用は現場の状況によって異なります。また、目視調査や解体調査であれば無料でおこなってくれる業者も多いです。

今すぐ原因調査を依頼しますか?雨漏り修理110番が駆けつけます!

もし雨漏りの原因調査を依頼するときの業者にお困りでしたら、ぜひ雨漏り修理110番をご活用ください。雨漏り修理110番では無料現地調査・無料見積りをおこなっているので、お金をかけずに原因調査から見積りまでを済ませることが可能です。お客様が雨漏りに困ったときにすぐ対応できるよう「24時間365日体制」で受け付けておりますので、お気軽にお電話にてご相談ください。

 

雨漏りの原因調査が終わったらどうなるの?修理方法と費用の相場

雨漏りの原因調査が終わったらどうなるの?修理方法と費用の相場

 

ここまでの解説で雨漏りの原因調査は、はじめからプロの業者にお任せしたほうがベストであることを解説してきました。一方で、これまでにお伝えした原因調査費用のほかにも、「修理費用」はどのくらいかかるのでしょうか?とくに業者依頼が初めてですと、雨漏り修理費がどれほどかかるのかイメージが付きにくいですよね。

ここでは、雨漏り修理を依頼するうえで知っておくべきポイントや、修理費の相場についてご紹介します。

雨漏りを修理することになったら知っておくべき4つのこと

雨漏りの修理を業者に依頼することになったとき、修理費用関連で知っておくべき4つのポイントがあります。納得のいく料金で雨漏りを修理するためにも、しっかりと目を通しておきましょう。

 

■雨漏りの修理費用に料金表はない

 

雨漏りの原因調査まではともかく、基本的に修理費用の料金表はないと考えてください。なぜなら、原因調査をしてから見積りを取らないと正確な修理費用を把握することが難しいからです。雨漏り修理費用を知りたいなら、まずは現地調査をしてもらいましょう。

 

■雨漏りの放置は二次被害につながる

 

「多少の雨漏りなら大丈夫」と放置すると、雨漏りが悪化するだけでなく、湿気を好む害虫や害獣が家に住み着いてしまうおそれがあります。さらなる雨漏りの悪化や害虫などの二次被害によりさらに修理費用がかかるため、雨漏りを見つけたら早めの解決が大切です。

 

■必ず見積りをもらっておく

 

自分が納得できる料金で修理ができるように、雨漏りの原因調査後にも修理の見積りは必ずもらうようにしてください。また、この章で後述しますが保険適用や管理会社などに修理費を負担してもらうときにも見積りは必要になります。

 

■原因がわかっても絶対に自分で修理しない

 

もし現地調査により雨漏りの原因が分かったとしても、自分で修理せずに業者に任せるようにしましょう。DIYは難易度が高く、間違った修理をすると雨漏りが悪化して修理費負担が増えることも。また、高所作業は命を失う危険があるためDIYはリスクが高いのです。

 

屋根の雨漏り修理費用

修理内容 相場目安
屋根・屋根材の部分的な補修 10万円以上
補修箇所が大きい場合 30万円以上
屋根材全替えなどの大規模な修理 100万円以上

 

屋根での作業は危険をともなうため、部分的な補修で済むことになっても10万円以上かかるケースが多いです。また屋根の経年劣化がひどく、屋根材をすべて変えなければいけない場合は、100万円以上かかることもあるでしょう。

外壁の雨漏り修理費用

修理内容 相場目安
コーキング材の補修 10万円程度
ひび割れ補修 10万円以上
外壁塗装工事 50万円以上
外壁全体の補修 100万円以上

 

雨漏りの原因となった外壁の箇所や被害の大きさによりますが、コーキング材の補修などで済む場合は目安として10万円程度かかることがあります。外壁の塗装が大きく剥がれているような大掛かりな修理が必要なケースですと、50万円以上かかることもあります。

窓・ベランダ・屋上の雨漏り修理費用

修理内容 相場目安
窓サッシのコーキング補修 5万円以上
窓サッシの交換 15万円以上
ベランダ・屋上の部分的な修理 5万円以上
ベランダ・屋上の排水溝補修 10万円以上
屋上の防水層を交換 100万円以上

 

窓サッシ・ベランダ・屋上の雨漏り修理は、小規模な補修で済む場合なら10万円程度でおさまるケースもあります。費用はベランダや屋上の広さによって異なります。

部分修理や応急処置というパターンもあり

ここまでご紹介した費用相場を見て、「修理費が思ったよりも高額」だと感じる方もいらっしゃるのではないかと思います。そんなときは、部分修理・応急処置にて修理費用を抑えられないか業者に相談してみましょう。たとえば外壁塗装の場合、全体ではなく剥がれた箇所のみの塗装に変更することで、費用を抑えられる可能性があります

また「修理費用が高い」と思ったときに一番してはいけないことは、雨漏り修理を後回しにすることです。雨漏りは放置するほど悪化し修理費が高くなるので、たとえ修理費が気になってもまずは業者に相談することが大切なのです。

もしどの業者に相談すればわからない場合は、ぜひ雨漏り110番にお任せください。費用を抑えるために部分修理をおこなっているだけでなく、雨漏りの原因調査費用も無料でおこなえます。どんな小さな雨漏りの悩みでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

雨漏り修理の費用、支払わなくて済むかも?

雨漏りをした状況によっては、費用の一部負担額が抑えられる場合もあります。たとえば以下の状況に当てはまっていた場合は費用負担を下げられる可能性があるため、確認してみましょう。

 

費用負担が抑えられるケースまとめ
状況 負担減の可能性があるケース 対象外となるケース
火災保険加入済 災害による雨漏り 災害と関係ない雨漏り
マイホーム所有 新築後10年以内の雨漏り 築10年以上の雨漏り
賃貸住宅の入居者 経年劣化などによる雨漏り 自分の過失による雨漏り

 

またこれらのケースに当てはまる可能性がある場合は、業者に依頼する前に保険会社やマンションの管理人などに相談と手続きをおこなっておきましょう。修理費用の見積りも必要となってくるので、業者に依頼したときは必ず見積り書をもらうようにしてください。

雨漏りの原因調査・修理の依頼前に5つのポイントを押さえよう

雨漏りの原因調査が終わったらどうなるの?修理方法と費用の相場

 

雨漏りの原因調査・修理を業者に依頼する前の業者選びは慎重におこないましょう。ポイントを押さえずになんとなく業者を選ぶと、割に合わない内容の修理をしてしまったり、トラブルが起きてしまったりする可能性があります。自分が納得のいく依頼をするためにも、以下5つのポイントを押さえてみてください。

優良業者を見極める5つのポイント
  • 1. 原因調査の結果を細かく報告してくれるか確認する
  • 2. 見積りの明細を細かく記載している
  • 3. 保証やアフターフォローが充実している
  • 4. 雨漏りに関する資格を持っている
  • 5. 即日対応している

原因調査の結果を細かく報告してくれるか確認する

雨漏りの原因箇所についての状況説明を丁寧にしてくれる業者であれば、納得のいく修理依頼がしやすいでしょう。また質問に対する受け答えがしっかりしている業者であれば安心できます。

見積りの明細を細かく記載している

修理費用についての見積りを「〇〇一式」などにしておおまかにしていると、依頼をする側として不安になるでしょう。そのため見積りの詳細がハッキリと書かれているかも、優良な業者選びとして重要なポイントです。

保証やアフターフォローが充実している

完璧に雨漏り修理をすることはプロの業者でも難易度の高い高度な作業です。そのため、万が一雨漏りが再発してしまうことを考えて修理後5年間の保証がある、アフターフォローが手厚い業者を選ぶのがベストです。

雨漏りに関する資格を持っている

「雨漏り診断士」や「建築板金基幹技能者」など、雨漏り修理に関する資格を持っているかもポイント。これらの資格を持っている業者なら必ずしも安心できるとは限りませんが、少なくとも優良な業者選びの大きな判断材料になるでしょう。

即日対応している

雨漏りの原因を早く解決しないと、湿気や水気により二次被害が起きるおそれがあります。そのため、即日対応など早い段階で雨漏り修理をしてくれる業者を選ぶのがベストです。雨漏り110番では、即日対応が可能な業者を紹介することができます。24時間365日いつでも連絡を受け付けていますので、雨漏りに気づいたときにすぐ対応することが可能です。

 

雨漏り修理を応急処置して二次被害を食い止めろ!

 

業者に雨漏りの原因調査・修理依頼をしたあとは、部屋の被害がこれ以上広がらないように応急処置をしておきましょう。ここでは、自分でおこなうことができる4つの対処方法について解説していきます。

雨漏りの応急処置は場所の特定がカギ

もちろん雨漏りの原因を特定するのはプロでないと難しいですが、天井や窓といった今まさに雨漏りしているところ調べることは大切です。なぜなら雨漏りが起きている場所を知ることで、応急処置に必要な方法や道具が把握しやすくなるからです。ただし屋根や外壁など、建物の高い位置を目視しようとすると落下の危険があるため、無理はしないようにしましょう。

バケツを使って雨水を受け止める

天井から雨漏りをしている場合は、床にカビが発生しないようにバケツなどを使って、落ちてくる雨水を受け止めましょう。水をしっかり受け止められる容器であれば、ゴミ箱などのプラスチックの容器でも代用できます。バケツに溜まった雨水はあふれる前に捨てましょう。

また就寝中などで長時間バケツを放置する場合、ある程度溜まってきた雨水がバケツの外に跳ねてしまうことが考えられます。吸水性の高い布やレジャーシート等をバケツ周りに敷いておくと、もし雨水が跳ねても床が汚れにくいので安心できます。

防水シートや防水テープで雨水の侵入を防ぐ

雨漏りの発生個所からの雨水を直接防ぐために、防水シートや防水テープで一時的に対処するという方法もあります。防水シート(防水テープ)はホームセンターなどで販売していることが多いため入手しやすいです。ただ、高い位置での作業は危険がともなうため、その場合は無理に防水シートを貼ろうとしないほうがよいでしょう。

壁紙やクロスをコーキングで貼り直す

雨漏りにより壁紙やクロスのゆがみやシミができている場合は、壁紙用のコーキング材を使って貼りなおすという対処方法もあります。こちらもホームセンターなどで売られていることが多いです。業者の到着までに時間がかかる場合は、カビの発生を防ぐために補修しておくとよいでしょう。

 

まとめ

 

部屋に雨漏りが発生してしまったら、カビや害虫が発生して二次被害になる前に早い段階で業者に依頼しておきましょう。雨漏り修理のプロであれば、雨漏りの原因を迅速かつ的確に特定しやすいですし、自分の命の危険なく雨漏りの問題を解決することが可能です。

また、雨漏りの原因調査・修理を依頼する業者は慎重に選びましょう。対応・技術がしっかりしており、アフターフォローが万全な良い業者を選ぶことで、雨漏り修理後も安心して暮らすことができます。

ただ自分ひとりの力では、良い業者を判断するのは難しいこともあるでしょう。そんなときは、業者依頼をサポートしてくれるサービスを利用するのもひとつの解決策です。たとえば雨漏り修理110番では、経験豊富で無料調査可能な雨漏り修理業者を紹介できますよ。

0120-251-699 0120-697-267
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで