雨漏り修理110番 トップページ > 最新情報・レポート > マンション屋上の防水工事は耐用年数と費用を比較して選ぼう!

マンション屋上の防水工事は耐用年数と費用を比較して選ぼう!

マンション屋上の防水工事は耐用年数と費用を比較して選ぼう!

マンションの防水工事で耐用年数が最も長いのは「アスファルト防水」です。

アスファルト防水は日本で昔から使われている方法で、アスファルトを染み込ませたシートを液体のアスファルトで張り付けていきます。このシートを重ね貼りすることにより防水層が厚くなるため、耐用年数と耐久性が非常に高くなるのです。

しかし重量がある分建物に負担がかかるデメリットもあります。このようなことから、マンションの防水工事は耐用年数だけでなくさまざまな面を比較して選びましょう。当記事では防水工事の種類ごとに、耐用年数や費用相場などをご紹介しますので参考にしてください。

【種類別】マンション防水工事の特徴と耐用年数

マンションの防水工事には主に3つの種類があります。マンションの防水工事は耐用年数だけでなく、メリットデメリットも比較して、最適な工事方法を選びましょう。

ウレタン防水

ウレタン防水

床に直接液体のウレタン樹脂を塗って防水層を作る方法です。耐用年数は【約8~10年】となります。液体を使うため基本的にどんな場所でも施工できますが、直接床に塗るため、床の状態が悪いと施工できないことがあります。また紫外線に弱いため、5~6年に1度は表面のトップコートの塗り替えが必要です。

〇メリット

・基本的にどんな場所でも施工できる
・費用が安価で工期が短い

〇デメリット

・5~6年に1度、表面のトップコートの塗り替えが必要
・床の状態が悪い場合は施工が難しい

シート防水

床に塩化ビニール製やゴム製の防水シートを張り付けていく方法です。耐用年数は【約10~15年】となります。シートを使うことで広い範囲を一度にむらなく施工できるメリットがある反面、でこぼこや障害物がある場所は施工が難しいというデメリットがあります。

〇メリット

・広い屋上でも一度にむらのない施工ができる
・紫外線に強い

〇デメリット

・障害物があるまたは形が複雑な屋上は施工が難しい

アスファルト防水

アスファルトを染み込ませたシートを液体のアスファルトで張り付けていく方法です。耐用年数は【約15~20年】と最も長くなります。しかしアスファルトの重量がある分、建物に大きな負荷がかかるため注意が必要です。また工法によってはアスファルトを溶かすさいに臭いや煙が発生するため、事前に近隣へ周知しておくことが大切になります。

〇メリット

・とても長持ちで丈夫
・昔からの工事方法で信頼性が高い

〇デメリット

・建物に負荷がかかる
・工法によっては煙や臭いが発生する

マンションの防水工事3種類の費用相場

では、ご紹介した3種類の防水工事の費用相場を見ていきましょう。

・ウレタン防水:1平方メートルあたり約3,000円~7,000円
・シート防水:1平方メートルあたり約4,000円~7,500百円
・アスファルト防水:1平方メートルあたり約5,500円~8,000円

このように、ウレタン防水は耐用年数が短い反面、費用を抑えられます。一方アスファルト防水は耐用年数が長い反面、費用が高くなります。このようなこともふまえて、既にご紹介したメリットデメリットと合わせて比較検討してみましょう。詳細な費用は業者から見積りを取って確認するようにしてください。

防水工事業者の種類と選び方

では、防水工事をどこに依頼すればよいのかについて見ていきましょう。防水工事業者は主に3種類あります。ここではそれぞれの特徴をご紹介しますので、依頼するさいの参考にしてください。

〇防水工事専門業者(雨漏り修理業者)
屋上やベランダなどの外部工事からお風呂などの内部工事まで幅広く工事をおこなう業者です。工事方法についても幅広く対応しているので、どこに依頼するべきか迷ったときはまず相談してみるのがよいでしょう。

〇塗装工事業者
防水工事はメインではありませんが、塗装工事と工程が似ているウレタン防水であれば、対応してもらえるところもあります。もしウレタン防水を選ぶのであれば、こちらも選択肢のひとつです。

〇リフォーム会社
防水工事に限らず、室内や水周りなどのリフォームまで幅広く工事をおこなう業者です。もし防水工事と合わせて室内もリフォームしたいという場合は、同時に施工できるこちらがおすすめです。

では、業者を選ぶポイントを具体的に見ていきましょう。

地域密着の業者がおすすめ

地域密着の業者がおすすめ

地域密着の業者であれば、施工後に何か問題が起きたときにすぐに駆け付けてくれることでしょう。また、その地域で長く営業している業者は、その地域で信頼されている業者ということにもなるので、今後長くお付き合いしていくうえでも安心です。

有資格者がいるか確認しよう

防水工事をおこなうために資格は必要ありません。しかし、有資格者がいる業者であれば、工事の質や安全面などがしっかりと保証されているといえるでしょう。関連する資格としては、防水施工技能士や塗膜技能士などがあります。これらの資格をもっている人が在籍しているかどうか、確認してみてください。

誠実に対応してくれるかもポイント

内容のわからない工事を依頼するのは不安ですよね。だからこそ、工事内容や見積り書の内容をわかりやすく説明してくれるかどうかは見ておきたいポイントです。また、防水工事では騒音や臭いなどが発生して近隣にご迷惑をおかけすることがあるので、事前の挨拶や工事日程の説明など、しっかりと対応してくれるところを選びましょう。

まずは相見積りを取ってみよう!

業者選びに迷ったら、まずは複数社から相見積りを取って比較検討し、本当に納得できる業者を見つけましょう。相見積りのさいは弊社がご紹介する業者もぜひご検討ください。

0120-251-699 0120-697-267
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで