雨漏り修理110番 トップページ > 最新情報・レポート > 雨漏りは毛細管現象が原因!?屋根に異常がないときに考えられること

雨漏りは毛細管現象が原因!?屋根に異常がないときに考えられること

雨漏りは毛細管現象が原因!?屋根に異常がないときに考えられること

雨漏りは原因箇所を見つけるのが難しいケースも多いです。天井で雨漏りが起きているのに、屋根を見てみても異常がないというときは毛細管現象が起きているかもしれません。

雨漏りには毛細管現象というものが密接に関係しています。液体には細い管やすきまがあると、吸い上げられるという性質があるからです。

この記事では住宅で毛細管現象が起きてしまう原因を解説していきますので、参考にしてみてください。

液体の毛細管現象について

通常ですと、液体は上から下へと流れていきます。しかし、毛細管現象が起きると、液体は下から上へと吸い上げられます。

例えば、ドリンクの入ったグラスにストローを入れると、グラス内の水位よりストロー内の水位が高くなるところを見たことがある方も多いのではないでしょうか。

これには表面張力が関係しています。細い管やすきまがあると、液体の表面張力が働き、毛細管現象が起きるのです。

雨も液体なので、条件が揃えば住宅でも毛細管現象が起こりえます。それでは雨漏りと毛細管現象について詳しく解説していきます。

毛細管現象で雨漏りが起きる原因

屋根はいくつもの屋根材を並べて作られています。そのため、屋根材と屋根材のつなぎめにはすきまができます。

これを聞くと、すきまがあるために雨漏りが起きてしまう、すきまをふさいでしまったほうが水が侵入できないので雨漏りを防げると思えるでしょう。

しかし、これは逆効果といえます。それは建物を完全に密閉することはできないからです。屋根材のすきまをふさいでしまうことによって、さらに細かなすきまができてしまいます。このわずかなすきまから、毛細管現象が起きてしまうのです。

毛細管現象によって屋根の内部に吸い上げられた雨水は、すきまをふさがれることによって排出されずに、内部にたまりつづけます。そして雨水は屋根の内部から室内まで漏れてくることになるのです。

では、屋根材のつなぎ目のすきまをふさいだことがなければ、毛細管現象が起きていないとは考えられるかというとそうでもありません。予想外のところで、屋根材のすきまがふさがってしまっていることがあるのです。

塗料が入り込む

塗料が入り込む

知らず知らずのうちに毛細管現象を起こしてしまうケースでよくあるのが、屋根の塗装です。塗料が屋根材のすきまに入ってしまい、そのまま乾いてすきまが埋まってしまっていることがあります。

とくに屋根材にコロニアルなどのスレートを使っていると起こりやすいです。屋根を塗装したあとで雨漏りがしてきたら、それが原因かもしれません。

汚れがたまる

常に雨風にさらされている屋根は汚れがたまりやすい場所です。そのためすきまにも汚れがたまり、積もり積もってすきまがふさがってしまうこともあります。また、苔が生えてしまうといったこともあるようです。

このように雨漏りは毛細管現象で起きることがあるということがわかっていただけたでしょう。では次に、それを防ぐ方法をご紹介していきます。

毛細管現象を防ぐために大切な縁切り

毛細管現象による雨漏りを防ぐためにおこなわれる作業に、縁切りと呼ばれるものがあります。これは屋根を塗装したときには必ずおこなわなければなりません。

どのように作業するかというと、おもに金属のヘラなどの工具を使います。工具を屋根材と屋根材の間に差し込み、塗膜を取り除いていきます。こうしてすきまを作るのです。

適度なすきまを開けることによって、毛細管現象を防ぐことができます。またそれだけでなく、内部に入ってしまった水を排出できる、内部の湿気を外に逃がすといったメリットも生まれるのです。

タスペーサー

タスペーサー

縁切りの作業をするうえで近年普及しているのが、タスペーサーという部材を使った方法です。タスペーサーはプラスチック製で4~5cmほどの大きさです。

このタスペーサーを1平方メートルあたり10個ほどを目安に、屋根材の間に差し込んで、すきまを作ります。差し込んだタスペーサーは取り外す必要がないため、そのまま取り付けられた状態で施工が終わります。

タスペーサーを使った縁切りは従来の方法より、仕上がりもきれいにできて、施工時間も早いといわれており、メリットの多い方法です。今後屋根の塗装をする際は、検討してみてはいかがでしょうか。

定期点検とメンテナンス

汚れや苔などが原因による毛細管現象を防ぐためには、定期的に点検とメンテナンスをおこなうことが大切です。

雨漏りが起きると、建材が濡れてしまい、ひどい場合には腐ってしまうこともあります。雨漏りは原因箇所を特定するのも、修理をするのも大変な作業です。雨漏りが起きてから慌てることがないように、普段からご自宅のケアをしていきましょう。

それでも雨漏りが起きてしまった際には、ぜひ弊社にご連絡ください。屋根材の破損など原因がはっきりしている雨漏りや、毛細管現象のように一見なにが原因わからないような雨漏りなどにも、ご相談に乗らせていただきます。

雨漏りでお困りなら、雨漏り修理110番にお任せください!
通話
無料
0120-251-699 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

【雨漏り修理の調査・点検に関する記事はこちら】

雨漏り調査の方法4つ|修理費用に保険適用できる場合もある!
雨漏りと結露は似ている?
雨漏り箇所はサーモグラフィーで突き止められる?驚きの調査法とは
雨漏りを雨上がりに確認するときのポイント!原因と修理について

0120-251-699 0120-697-267
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで