雨漏り修理110番 トップページ > 最新情報・レポート > サイディングからの雨漏り|その原因と対処方法について解説します!

サイディングからの雨漏り|その原因と対処方法について解説します!

サイディングからの雨漏り|その原因と対処方法について解説します!

サイディングの雨漏りを補修するなら、まず原因の特定をする必要があります。なぜならサイディングで雨漏りが発生する原因にはさまざまなものがあり、それによって補修方法は異なるからです。また、原因によっては自分では修理が難しい場合もあります。

当記事では、サイディングの雨漏りの原因や対処方法について解説していきます。サイディングの雨漏りでお困りの方は、ぜひ参考にしてみてください。

サイディングから雨漏りしてくる原因について

サイディングから雨漏りする原因は、サイディングの劣化やシーリング材の劣化といった場合があります。この章では、サイディングの雨漏りの原因について詳しく解説していきます。

サイディングの劣化

サイディングの劣化

サイディング本体の劣化は、自分で補修しようとするとかえって悪化させてしまうおそれがあるので、業者に依頼して補修してもらうことをおすすめします。

サイディングは劣化してくると以下のような症状があらわれますので、もし症状を見つけたら放置せずメンテナンスをおこないましょう。

・ひび割れ

地震の影響や車がぶつかるなどの原因で外壁にひびが入った場合、そこから雨漏りしてくることがあります。0.5mm以上のひび割れの場合は、業者に依頼をするほうがよいでしょう。

・反り

樹脂系のサイディングボード以外は、表面に防水の塗装がされています。しかし経年劣化によって塗膜が剥がれてしまうと、防水効果がなくなってくるのです。そうすると水を吸収するようになり、サイディング材は膨らんでしまいます。また晴れた日には乾燥して縮むので、膨らんだり縮んだりをくり返すことによってサイディングが反ってきてしまいます。

・チョーキング

チョーキングとは、塗装が劣化して外壁の表面にチョークの粉がついたようになっている現象をいいます。これは、塗膜の防水機能がなくなってきている状態なので、塗装をし直すサインだと考えましょう。こうしたチョーキング現象は、塗装から5年~10年ほどすると起こるといわれています。

シーリング材の劣化

シーリング材とは外壁材同士のあいだにあるゴム状のパッキンのことです。シーリング材には、サイディングボードのつなぎ目(目地)から雨が入ってこないように隙間を塞ぐ役割もあります。

シーリング材には寿命があり、約5~10年すると劣化してくるといわれています。5年ほど経過すると紫外線の影響で、だんだんとシーリング材が痩せてきてしまうのです。そしてひび割れをおこし雨漏りしてくることがあります。

シーリングの補修なら自分でできる!その手順・注意点

シーリングの補修は、ホームセンターでシーリング材やシーリング材を注入するコーキングガンをそろえて自分でおこなうことも可能です。以下ではシーリング材の補修の手順について解説していきます。

1.古くなったシーリング材をカッターなどで撤去します。
2.シーリング材がはみ出さないよう付近に養生テープ(マスキングテープ)を貼ります。
3.シーリング材とサイディングをしっかり密着させるためにプライマー(接着塗料)を塗ります。
4.シーリングを充填していきます。ヘラなどを使って均一になるように仕上げましょう。
5.養生テープを剥がし、乾燥させていきます。(乾燥時間は製品によって異なります)

また自分で補修をおこなう場合は、以下のようなリスクもありますので確認していきましょう。

・自分でおこなう補修はあくまでも応急処置なので、またすぐにシーリング材が剥がれてきてしまう可能性がある
・素人が作業すると時間がかかってしまう場合がある
・外壁とシーリング材の相性が良くないと耐久性がなくなってしまうことがある
・高所で作業する場合はケガの危険を伴う

自分で補修をおこなう場合は以上のようなリスクがあるので、なるべくなら業者に依頼したほうがよいでしょう。

サイディングの劣化なら業者に相談しよう

サイディングの劣化なら業者に相談しよう

サイディングに触ると手に粉がつくといった場合は、塗り替えが必要なサインです。しかしサイディングの塗り替えの頻度は、使用する塗料によって変わりますので注意しましょう。たとえば、一番多く使われているシリコン系の塗料の耐用年数は、約10~15年ほどといわれています。

また、サイディング自体が反っていたり欠けてしまったりする場合は劣化が進んでいるので、サイディングの重ね張り(カバー工法)や張り替え作業が必要になります。

・重ね張り……既存のサイディングボードの上から新しいサイディングボードを重ねる施工方法
・張り替え……既存のサイディングボードを撤去し新しいサイディングボードにする施工方法

サイディングの重ね張りや張り替えのような大がかりな施工が必要な場合は、業者に依頼して補修してもらいましょう。弊社では、雨漏り修理に関するご相談を受け付けております。外壁のシーリング材の劣化やサイディングの劣化でお困りの際も弊社までお気軽にご相談ください。ご相談いただきましたら、お客様のご希望に応じた業者の手配をしてまいります。

雨漏りでお困りなら、雨漏り修理110番にお任せください!
通話
無料
0120-251-699 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

サイディングの補修を業者に依頼した場合の費用相場や業者の選び方

サイディングの補修を業者に依頼しようと思ったときに気になるのが費用ですね。補修の費用は原因によって大きく変わってきます。この章では、補修方法ごとの費用相場について解説していきます。

・シーリングの打ち替え……1mあたり約700円~1,200円
打ち替えは既存のシーリング材を取り外し、新しいシーリング材にする補修方法です。すべて新しいものに交換するので費用はかかりますが、打ち増しするよりも長持ちします。また打ち替えの場合は、既存のシーリング材を撤去する費用がかかってきます。

・シーリングの打ち増し……1mあたり約500円~900円
打ち増しは既存のシーリングの上から新しいシーリングを足していく補修方法です。既存のシーリングを撤去する工程をはぶけるので、施工時間が短縮できることや、コストを抑えることができるといったメリットはあります。しかし、打ち替えに比べると耐用年数が短くなってしまうデメリットがあるので注意しましょう。

打ち替えも打ち増しも、高所になればなるほど足場の設置費用がかかり、費用が高くなることがあります。

次に外壁の塗り替えやサイディングの重ね張り、張り替えを業者に依頼した場合の費用相場について見ていきましょう。

・外壁の塗り替え:約70万円~150万円(塗り面積200平方メートル)
塗料によって費用が変わってきます。ウレタン塗料がもっとも安く、フッ素塗料は高くなります。外壁に使う塗料はおもに4種類ありますが、耐用年数が長い塗料ほど費用は高くなるのです。

・サイディングの重ね張り:住宅全体で約150万円~
・サイディングの張り替え:住宅全体で約180万円~

業者の選び方

業者の選び方

最後に信頼できる業者の選び方について解説していきます。

・現地調査をおこなってくれる

現地調査は、実際に外壁の状態や必要な工事について調べ、詳細な見積りを作成するためには重要になります。現地調査をおこなったうえで見積りを出してくれるか、ホームページや電話で確認してみましょう。

・対応がていねいかどうか

わからないところがあれば、質問などにわかりやすく説明してくれるかどうかも見ておきましょう。

・見積り内容をチェック

見積りの費用と相場の費用を比較し、大幅に安かったり高かったりしないかどうかも見極めることが大事です。また材料費や人件費なども費用の内訳が明記されているかどうかも確認してみましょう。

複数の会社に見積りをとると、費用やサービスなどを比較できるのでおすすめです。比較をしながら、自分で納得できる業者に依頼をしましょう。

業者選びでお困りの際には、弊社までご相談ください。弊社では、雨漏り修理に対応ができる業者のご紹介をしております。ご相談は24時間365日お電話とメールで受け付けしておりますのでお気軽にお問い合わせください。

雨漏りでお困りなら、雨漏り修理110番にお任せください!
通話
無料
0120-251-699 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
0120-251-699 0120-697-267
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで