雨漏り修理110番 トップページ > 最新情報・レポート > 屋根修理の足場にかかる費用相場は?工事費用を抑えるポイントも解説

屋根修理の足場にかかる費用相場は?工事費用を抑えるポイントも解説

屋根修理の足場にかかる費用相場は?工事費用を抑えるポイントも解説

屋根修理は危険な高所作業を必要とするため、安定して作業をおこなう足場を作る「足場費用」というものがかかるので、屋根修理費用は高くつきやすいです。そのため、屋根修理では足場費用がかかると考えたうえで、その足場費用が妥当な金額になっているか確認しておく必要があります。

一般的な相場を知らないでいると、気づかないまま割に合わない足場費用で施工してしまい、金銭的に損をする可能性があるからです。当記事では、屋根修理の足場にかかる費用目安や、屋根修理で足場を設置してもらうときに気をつけたい事柄について解説していきます。

また、すぐにでも屋根修理をしたいという方は、ぜひ弊社にご相談ください。弊社では、屋根修理をおこなうプロの業者を数多くご紹介しております。

屋根修理の足場にかかる費用目安

個人でのほんの軽い部分修理といった場合を除いて屋根修理には足場が必要で、足場料金という費用がかかります。これは、法律により施工時の足場設置が義務づけられているためです。

よって、施工費用を浮かせるために足場作りを断ることは、ほぼできないと考えておきましょう。ここで、屋根修理の足場費用のかかり方と、相場目安について解説していきます。

足場の費用は種類や敷地面積によって変動する

足場の費用は種類や敷地面積によって変動する

屋根修理での足場の費用は定額でかかるものではなく、「面積」に応じて変動していきます。たとえば、は以下のような式にもとづいて計算されていることが多いです。

【足場費用の金額を求める式】
(建物の外周+8メートル)×家の高さ=足場架面積
足場架面積×足場の単価=足場費用

計算式からもわかるとおり、家の外周や家の高さが大きくなると足場架面積が多くなるため、広い屋根は足場費用も高くなるのです。さらに、設置する足場の種類によっても費用が変わる場合があります。足場の種類の特徴と費用相場を以下にまとめましたので、確認してみてください。

足場の費用相場と特徴
種類 相場目安 特徴
単管足場 600~800円前後/平米 狭い場所の小規模な修理で使用
単管ブラケット足場 800~1,000円前後/平米 頑丈なので、足場の安全性が高い
ビケ足場 1,000~1,200円前後/平米 複雑な形状の建物に対応可能

このように、施工で使用する足場の種類によって費用相場が変わってくるのです。また、具体的な目安としては、一般的な持ち家のサイズである30坪で2階建ての場合、だいたい15~20万円前後の足場費用がかかります。

しかし、ここまでご紹介した費用は目安程度のものです。実際にかかる屋根修理の足場費用を知りたいなら、業者に屋根の現地調査のうえ見積書を提示してもらうのが一番です。もし現地調査をしてくれる業者をお探しなら、ぜひ弊社をご利用ください。弊社では、現場調査から屋根修理の足場料金などの見積りが可能な業者をご紹介できます。

雨漏りでお困りなら、雨漏り修理110番にお任せください!
通話
無料
0120-251-699 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

足場の設置において注意しておくべき点

足場を必要とした屋根修理を業者に依頼するときに、注意しておきたい点はいくつかあります。大きなトラブルが起きてしまう前に、ここでご紹介する注意点を覚えておきましょう。

業者が瑕疵保険に加入しているか

火災保険が下りれば無料で修理できる

屋根修理で足場費用がかかる場合、その業者が生産物賠償責任保険などの瑕疵(かし)保険に加入しているか確認しておくとよいでしょう。瑕疵保険とは、施工不良などのトラブルがあった際に補償を受けられる保険のことです。

業者が瑕疵保険に加入していない場合、足場の設置や撤去の際に車や外壁などに傷がついてしまった際、自己負担をしなければならなくなる可能性があります。

リフォーム期間中は車の移動をしておく

施工時のトラブルが起きることを考慮して、リフォームや屋根修理の期間中は自宅に駐車している車を別の場所へ移動させておくと安心できます。なぜなら、足場の設置や撤去をするときに、道具を落としてしまうなどして車に傷がつく場合も想定されるからです。

近隣住民への配慮も必要

屋根修理で足場を設置するときは、近隣住民や住宅への配慮を忘れないようにしてください。基本的に足場を設置する際には道具を使って骨組みを固定していくため、それにより騒音や悪臭が出てくる場合があります。

また、状況によっては屋根修理の足場を作るために近隣の屋根を借りる必要も出てくるでしょう。その場合は、近隣住民に屋根使用の許可をもらわなければなりません。近隣トラブルを避けるため、工事前の早い段階で屋根修理について話し、協力をお願いしておくとよいですね。

空き巣にも注意すべき!

業者に修理してもらう期間中は、空き巣に入られないよう注意が必要です。屋根修理で足場を作るとき、塗料の飛び散りを防ぐために飛散防止シートを張ることがあります。このシートがあると外側から家を確認できにくくなり、さらに足場を悪用して2階から侵入されてしまう可能性もあります。

このように、屋根修理期間中は空き巣にとって都合のよい状況になっています。そのため、ドアや窓など、部屋につながる出入口はできる限り施錠するなどの対策をしておきましょう。

リフォーム工事費用を抑えるためのポイント

屋根のリフォームや修理では、場合によっては多くの費用がかかるため、できる限り安く抑えたいものですよね。手間や条件などの要素が絡んできますが、屋根修理は工夫次第で費用負担を大きく抑えられる可能性があります。ここで、費用を抑える2つのポイントについて解説しましょう。

火災保険が適応されるか確認しよう

DIYにおけるシーリング材使用の失敗例

もし屋根の破損や雨漏りが台風や積雪などの自然災害によるもので、火災保険に加入済みであれば火災保険が適用されて、費用負担が大きく減らせる可能性があります。適用される条件などについては、その保険会社について変わってくるため、まずは火災保険の契約内容を見直してみましょう。

火災保険が屋根修理に使える条件・申請の流れと保険金の種類も解説

工事を依頼する前に複数の業者を見積り比較する

屋根のリフォームや修理を業者に依頼する際は安易に考えず、見積書をよく見て慎重に業者を検討するようにしましょう。たとえば、屋根修理での足場費用が無料だった場合、安易にその業者で決定するのではなく見積書のほかの項目を見ることも大切。

もしかしたら、ほかの費用に足場分の金額が上乗せされているかもしれません。その業者の価格設定が妥当であるかを調べるためにも、複数の業者から見積りを取るようにしてください。

また、相見積りをするうえで、業者の施工実績や対応のよさも確認しておくと業者選びに満足しやすくなるのでおすすめです。業者のホームページにある実績や資格、修理の見積りに必要な現地調査の様子を見て「信頼できる業者なのか」を確認しておけばいざ施工をお任せしたときに安心できます。

もし、相見積り先の業者選びに困っている場合は、弊社を利用することで探すことが可能です。弊社では、施工実績やサービスの充実している屋根修理業者をご紹介するサービスを展開しています。相見積り先の1社として最適なものとなっていますので、ぜひご相談ください。

雨漏りでお困りなら、雨漏り修理110番にお任せください!
通話
無料
0120-251-699 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

【雨漏りに関するその他の記事はこちら】

雨漏りの夢が意味するもの。ひょっとしてピンチサインかも?

屋根修理の見積書のチェックポイント!費用相場もご紹介します

屋根の修理詐欺に注意!実際の手口や被害に遭わないための対策を解説

屋根棟修理費用は屋根の種類によって違う!種類ごとの費用と作業内容

屋根修理の悪徳業者を見分ける!手口や信頼できる業者の選び方を解説

天井の雨漏り修理費用|補修・リフォームの相場は”原因”で変わる

屋根の葺き替え工事|太陽光パネル設置にかかる費用相場を解説します

【雨漏り修理】お金がないけど直したい!費用を抑えるコツ教えます

屋上防水工事費用を修繕費で計上して節税!資本的支出との違いを解説

屋根修理の押し売り業者に要注意!実際の手口や対策などについて解説

雨漏り修理の時間は修理の内容によってことなる?くわしく解説します

屋根葺き替えが資本的支出にあたるケースとは|修繕費との違いを解説

屋根修理!これを知らなきゃ失敗する?業者・費用相場・保険・補助金

雨漏りはシロアリ被害の元凶!屋根のリフォーム修理で徹底対策しよう

屋根の葺き替えでアスベストが飛散しない安全なリフォーム方法とは?

屋根修理詐欺の4つの手口|突然の訪問は危険?被害を防ぐポイント

『屋根の葺き替え』とは? 費用相場・工程など5つのポイントを解説

空き家の雨漏りを放置すると危険!その理由や雨漏りする原因について

0120-251-699 0120-697-267
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで