雨漏り修理110番 トップページ > 最新情報・レポート > 屋根葺き替えのメリットとは?カバー工法と迷ったときの判断ポイント

屋根葺き替えのメリットとは?カバー工法と迷ったときの判断ポイント

屋根葺き替えでリフォームするうえでの最大のメリットは、家が丈夫で長持ちすることです。そのため、同じ家で何年も暮らすことを考えるならおすすめできるでしょう。

屋根葺き替えは古い屋根材をすべて撤去して全く新しいものに取り換えるリフォームのため、屋根の耐震性や耐久性能を維持しやすくなるのです。今回は、屋根葺き替えでのメリットやデメリット、費用相場についてご紹介していきます。

屋根の葺き替えのメリットやデメリット・費用相場は?

屋根の葺き替えは、既存の屋根材から防水シートや断熱材などの下地まですべて新しくするリフォームになります。屋根を新しくすることにより家が長持ちするため、屋根の葺き替えにはメリットがとても大きいのです。

しかし、一方で気になるデメリットもあります。以下に、屋根葺き替えのメリットやデメリットについてまとめました。屋根葺き替えをすべきか判断するための参考にしてみてください。

屋根葺き替えのメリット・デメリット
メリット デメリット
・家の寿命が長くなる
・外観が美しくなる
・耐震性を保てる
・費用が高い
・長い工期を必要とする

屋根葺き替えのデメリットは、大規模なリフォームを必要とするためどうしても施工費用が高くなりやすいところです。新しく葺き替える屋根材により費用相場が変わりますが、一般的な大きさの住宅である30坪の場合、総額で100~200万円はかかると覚えておきましょう。参考として、屋根材にかかる費用相場についてご紹介します。

【屋根材の費用相場(1㎡あたり)】
日本瓦:8,000~15,000円
スレート:5,000~7,000円
ガルバリウム鋼板:6,000~8,000円

葺き替え以外のメリットや費用相場も知っておこう

スレート屋根の雨漏りの原因はさまざま!修理方法や費用相場について

屋根の葺き替え以外にも、さまざまなリフォーム方法があります。屋根葺き替えのデメリットが気になる方は、そちらを検討してみるとよいでしょう。ここでは、「カバー工法」「塗装」「防水工事」の特徴や費用相場について表でご紹介します。

葺き替え以外のリフォーム方法まとめ
リフォーム方法 費用相場※ 工期目安 特徴
カバー工法 50~150万円 1日~1週間 ・安い相場で屋根を新しくできる
・重量により耐震性能が少し落ちる
塗装 30~50万円 10日~2週間 ・防水機能を高めることが可能
・工期が長くなりやすい
防水工事 20~50万円 2日~1週間 ・陸屋根の寿命を高められる
・種類により施工できない場合あり

※30坪の住宅を基準に相場を紹介しています。

葺き替えをするかどうかの判断基準は3つ

「屋根の修理はなるべく費用をおさえたい」という方もいらっしゃるかもしれません。しかし、屋根は家全体を守ってくれる重要な部分であり、屋根葺き替えはメリットが多いものです。そのため、必要性が高い状況であれば出費が痛くても葺き替えをするのがよいでしょう。ここで、葺き替えの必要性を判断するための3つの基準について解説していきます。

屋根材の耐用年数を過ぎている

屋根の葺き替えは種類によって費用がことなる?各屋根材の特徴とは?

屋根にはそれぞれ「耐用年数」というものがあり、屋根材を葺き替えるかどうかを判断する目安となります。屋根材別での耐用年数をご紹介しますので、年数が近い場合は屋根葺き替えなどのリフォームを検討しましょう。

【屋根材の耐用年数目安】
日本瓦:50~80年
スレート:15~20年
ガルバリウム鋼板:20~30年

屋根の複数箇所に損傷がある

たとえば屋根にヒビや割れが複数入っている、雨漏りが発生しているなどのトラブルが起きた状況は、屋根の葺き替えを検討しておきたいタイミングです。とくに屋根材の耐用年数と近い年数で起きた場合、ヒビや雨漏りなどの被害が深刻化しやすいため、なるべく早い段階でリフォームをおこなったほうがよいでしょう。

すでにカバー工法をおこなっている

耐用年数が近づいている場合リフォームが必要となりますが、カバー工法をすでにおこなっている場合は屋根の葺き替えによる方法でリフォームをしなければなりません。なぜなら、カバー工法を施工した屋根の上にカバー工法を重ね掛けすることができないからです。

また、カバー工法をした屋根で葺き替えをすると、カバー工法をする前の古い屋根と合わせてカバー工法で使用した屋根材の撤去費用が追加でかかります。そのため、カバー工法は最初こそリフォーム費用が安くなるものの、いざ屋根の葺き替えが必要になったときに費用が高くなることが多いでしょう。

葺き替えをすべきか迷ったらプロに相談しよう

屋根の葺き替えについて迷っていることがあれば、屋根工事のプロに相談してみるとよいでしょう。ここで、屋根工事業者に依頼することによる屋根の葺き替えのメリットについて解説していきます。

プロなら屋根の状況をきめ細かく調査できる

火災保険が使える場合がある

屋根工事のプロに依頼することで、葺き替えをおこなう前に必要な現地調査をしてもらうことができます。経験豊富なプロの目による現地調査をしてもらうことによって、自宅の屋根に起きている問題は何なのか、屋根の葺き替えをする必要性があるのかを診断してくれます。どうしようと自分ひとりで抱え込まず、困ったらプロに相談することがお悩み解決のコツです。

将来の災害に備えるために業者に相談

台風や地震などの被害が多い地域や、将来の災害に備えたい方は、業者に相談するとよいでしょう。業者に相談することで、耐震性能を上げるための葺き替えや修理の提案や、アドバイスなどをしてくれることがあります。

今後のライフプランにあわせて提案してくれる

「あと何年住む予定か」「今後どんなライフプランで生活していくか」など、これからのライフプランを屋根工事業者に相談するのもよいでしょう。相談することで、今後どのようにリフォームをしていくのが最善なのか提案してもらえることがあります。

このように、屋根の葺き替えでリフォームすべきか、どんなリフォームなら最適かなど、困ったことがあればプロに相談することが大切。屋根工事業者はリフォームのプロですので、自宅の状況に合わせた工事をしてもらえるでしょう。

また、どの業者に依頼すればわからない場合は、弊社のサービスを利用してみるのもひとつの手です。弊社では、屋根の葺き替えやカバー工法などのリフォームが得意な業者をご紹介しています。日本全国に対応しているので、リフォームでお困りであればぜひご相談ください。

【掲載料金は消費税を含んでおりません】
【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】

雨漏りでお困りなら、雨漏り修理110番にお任せください!
通話
無料
0120-251-699 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

【雨漏り修理の屋根材に関する記事はこちら】

ガルバリウム鋼板の欠点とは?定期的なメンテナンスで長持ちさせよう
波板の切り方と失敗しないコツ!取り付ける際のポイントも解説
トタン屋根の塗料でおすすめなのはどれ?塗装手順やサビ止めについて
スレート(コロニアル)屋根の特徴|長所と短所・補修方法を解説
のし瓦は瓦屋根を守る大切な部材!しっかりと補修して雨漏りを防ごう

瓦屋根の葺き替えは屋根材や工事内容で費用が異なる!費用相場も解説

屋根の葺き替えは種類によって費用がことなる?各屋根材の特徴とは?

セメント瓦が雨漏りする原因は?修理方法や業者選びのコツもご紹介。

屋根塗装・葺き替え・カバー工法の内容と費用相場!屋根材もご紹介

屋根材をスレートで修理すると費用はいくらになる?各修理の相場を解説

0120-251-699 0120-697-267
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで