雨漏り修理110番 トップページ > 最新情報・レポート > 【雨漏り修理業者の選び方】失敗しない!信頼できる業者を選ぶポイント

【雨漏り修理業者の選び方】失敗しない!信頼できる業者を選ぶポイント

突然の雨漏り、すぐに修理をしたいけど、どこに頼んだらいいのかわからなくてお困りではありませんか?

雨漏りの原因がわからないと、どこの修理をしたらいいのかも、どこの業者に頼んだらいいのかもわからないですよね。また、大切な住宅の修理を、信頼できない業者には任せられません。
信頼できる業者に修理を依頼し、しっかり雨漏りを直してほしいと思っている方も多いかと思います。

信頼できる業者に頼むためには、雨漏り修理の相場や依頼できる業者についての知識を持っていなくてはいけません。
このコラムでは、雨漏り修理を依頼できる業者や、業者を選ぶポイントについて詳しくお伝えしています。
この記事を読んでいただければ、信頼できる業者に雨漏り修理を依頼し、自分が納得のいくかたちで雨漏りを修理することができます。

住居別!雨漏りしたときの連絡先

家が雨漏りしてしまった場合、マンションか持ち家かで連絡する先が変わります。ここでは、住居別の連絡先についてお伝えします。マンションの場合は、自分で業者に依頼して修理をしてしまう前に、以下の連絡先に相談するようにしましょう。

住居 連絡先
賃貸マンション 大家さんや管理会社
分譲マンション 管理組合
持ち家(築10年以内) ハウスメーカー
持ち家(保証期間を過ぎた) 自分で業者を探す

賃貸マンションの場合は大家さんや管理会社

賃貸マンションの場合は、業者に修理を依頼するより先にまず大家さん管理会社に連絡してください。賃貸マンションの持ち主はあくまで大家さんです。雨漏りに気づいたらまず相談しましょう。

また、雨漏りしている箇所などの写真を撮影しておきましょう。その後の雨漏り調査をスムーズに進めることができます。角度や距離などを変えて、数枚撮っておきましょう。

分譲マンションの場合は管理組合

分譲マンションで雨漏りしてしまった場合には。管理組合に問い合わせをしましょう。雨漏りの原因によっては、修理費用を負担してもらえる場合もあります。自分で業者に依頼して修理をしてしまう前に、管理組合に連絡してください。

持ち家で築10年未満の場合はハウスメーカー

築10年未満の持ち家で雨漏りしてしまった際は、施工を担当したハウスメーカーに連絡しましょう。
自然災害以外での雨漏りの場合は施工不良の可能性があるため、無償で修理をしてもらえるかもしれません。

持ち家で保証期間を過ぎている場合は自分で業者を探す

保証期間を過ぎてしまっている場合は、自分で業者を探します。

台風や雷などの自然災害が原因で雨漏りしている際は、火災保険が適用される場合もあるため、適用条件に当てはまっているか確認しておきましょう。

火災保険の適用条件についてはこちらの記事をご覧ください。

関連記事:雨漏り修理は火災保険で補償される可能性あり!誰でもわかる適用条件と申請手順

修理を依頼できる業者

持ち家で保証期間を過ぎてしまっている場合には、自分で修理をしてくれる業者を探さなくてはいけません。ここでは、雨漏りの修理を依頼できる業者についてお伝えします。主に、以下の業者に依頼できます。

  • ハウスメーカーや工務店
  • リフォーム会社
  • 屋根や塗装の専門業者

ハウスメーカーや工務店

保証期間を過ぎていても、ハウスメーカーや工務店に雨漏り修理を依頼することができます。住宅を建設したハウスメーカーや工務店であれば家の中の状態が詳しくわかっているため、安心して任せられます。しかし、大手のハウスメーカーだと修理費用が割高になってしまう場合があるため、注意が必要です。

リフォーム会社

リフォーム会社の中には、雨漏り修理に対応してくれる会社もあります。
雨漏り修理の実績が少ない業者だと、雨漏りの原因を特定できなかったり、きちんと修理ができなかったりする場合もあります。雨漏り修理の実績や体制が整っているかしっかり確認しましょう。

また、大掛かりなリフォームを勧めてくる悪徳業者もあるため、信頼できる業者化しっかり見極めることが大切です。業者を選ぶポイントについては、この後の信頼できる業者を選ぶポイント、で詳しく解説しています。

屋根や塗装の専門業者

屋根の瓦が飛んで雨漏りしている、外壁にヒビが入っているなど、はっきりと雨漏りの原因がわかっている場合は、屋根や塗装の専門業者に依頼するのもひとつです。
屋根や塗装に関しての専門的な知識や経験が豊富で、安く早く修理できる場合があります。

業者探しに迷ったら雨漏り修理110番にお問い合わせください

「ある程度連絡するべき業者の見当はついたが、たくさんあってどこに依頼したらいいのかわからない」という方も多いかと思います。そんな方は、雨漏り修理110番にお問い合わせください。
雨漏り修理110番には、雨漏り修理のプロが多数加盟しております。お客様の現在の状況を詳しくお聞きし、ピッタリのプロをすぐに手配いたします。

雨漏り修理110番は全国24時間365日【受付】対応可能です。お客様のご都合のいいときにいつでもお気軽にお問い合わせください。

信頼できる業者を選ぶポイント

全国に雨漏り修理に対応する業者は数多くあります。その中には信頼できる業者もあれば、残念なことに避けた方がいい業者も多くあります。

大切な家の修理ですから、信頼できる業者に依頼したいですよね。ここでは、信頼できる業者を選ぶポイントについてお伝えします。業者を探す際には、ぜひ以下のポイントを参考にしてください。

信頼できる業者を選ぶポイント
  • 資格を持っている
  • 保証を設けている
  • 口コミや評価を確認する
  • 業者の顔が見える
  • 見積もりが相場から大きく外れていない
  • 相談時の対応がいい
  • ホームページが存在しないor豪華すぎる業者は避ける

資格を持っている

雨漏り修理に関連する資格はいくつか存在します。しっかり資格を持っているということは、雨漏り修理の知識や技術を持っており、信頼できる指標のひとつになります。
雨漏り修理に関連する資格としては、以下のものがあります。

  • 雨漏り診断士
  • 建築板金技能士
  • 登録建築板金基幹技能士
  • 屋根外装調査士

保証を設けている

万が一の際に備えて保証を設けているかどうかも業者選びのポイントのひとつです。
保証とは、雨漏り修理を終えた後に再度雨漏りが発生してしまった場合、一定期間の間であれば無料で修理をおこなってくれるものです。
業者によって設けている保証の期間が異なるため、しっかり確認しておきましょう。

口コミや評価を確認する

業者の口コミや評価も確認しておきましょう。
その際に、出所が不明な口コミや評価が載せられている業者は注意が必要です。ホームページの口コミや評価は、業者が都合のいいように載せてしまうことも可能です。口コミや評価がどこからの情報なのかしっかり確認しましょう。

業者の顔が見える

ホームページなどに社長や従業員の顔写真が載せられている業者は、お客様に信頼してもらうために載せいてる場合が多くあります。逆に、避けたほうがいい業者は顔写真を載せていない場合が多くあります。情報を隠したいような理由があるのかもしれません。

ホームページは自分の好きなように作ることができます。あくまでも判断基準のひとつとしましょう。

見積もりが相場から大きく外れていない

見積もりを取ってみて、相場よりも高すぎたり安すぎたりしないか確認しましょう。初めから高額な見積りを出し、その後に大幅な値引きをする業者にも注意が必要です。金額を操作することで、お得感を出そうとしている可能性があります。

また、見積もりが不明瞭な業者にも注意しましょう。何にいくらお金がかかっているのか不明で、サービスに見合わない料金を請求されてしまうおそれもあります。きちんと詳細を確認し、見積りに納得できたら契約に進みます。

相談時の対応がいい

相談をした際に、悩みに共感してくれたり親切な対応だったかどうかも業者選びのポイントになります。相談した際の対応がいい加減な業者だと、施工もいいかげんになってしまうのではないかと不安にもなります。
マナーもきちんとしており、丁寧に対応してくれる業者を選びましょう。

ホームページが存在しないorきらびやかすぎる業者は避ける

あらかじめホームページで業者の情報を得ることができない場合は、避けたほうがいい場合が多くあります。
ホームページがない業者が全て信頼できないとは限りませんが、自社のホームページを持っており、事前にサービス内容や料金を確認できる業者に依頼するのが安心です。

また、ホームページがきらびやかな業者にも注意が必要です。見栄えはよくても施工事例や従業員の顔写真などがなく、実態がわかりにくい業者は避けましょう。

雨漏り修理の相場

業者に依頼する場合に気になるのが料金ですよね。サービスに見合わない料金を請求される前にしっかり見抜けるよう、修理の費用相場を知っておくのはとても大切なことです。

ここでは、屋根や外壁などの修理をした際の費用相場をお伝えします。先ほどお伝えしたように、この相場から大きく外れている業者は避けましょう。

屋根の修理費用相場

雨漏りの原因で多いのが、屋根です。ここでは屋根修理の費用相場についてお伝えします。屋根の種類や修理箇所によっても価格は変動します。

屋根の修理 費用相場
化粧スレート葺き(概算単価) 5,960円(㎡)
粘土瓦葺き(概算単価) 8,300~12,100円(㎡)
ガルバリウム鋼板葺き(概算単価) 11,500円(㎡)

参考:積算資料ポケット版 住宅建築編 2022年度版

外壁の修理費用相場

ここでは外壁が雨漏りした場合の修理費用の相場についてお伝えします。

外壁の修理 費用相場
コーキング補修 700~1,000円(m)
ひび割れ補修 1,000~2,000円(m)
外壁の部分張り替え、修繕 5,000~8,000円(m)

参考サイト:ユーコーナビ 日本最大の外壁塗装メディア

窓の修理費用相場

窓から雨漏りしてしまう、という場合もあります。ここでは窓の修理費用相場をお伝えします。

外壁の修理 費用相場
コーキング補修 700~1,000円(m)
窓枠補修 30,000~100,000円(1枚)
窓サッシ交換 50,000~300,000円(1枚)

参考サイト:ユーコーナビ 日本最大の外壁塗装メディア

業者が来るまでに自分でできる応急処置

「業者に依頼したけど、今すぐ雨漏りをなんとかしたい」「業者が着工するまでに時間がかかる」という場合は、自分でできる応急処置をしましょう。
雨漏りは放っておくと、建物が腐ったりカビやシロアリが発生したりと、2次被害をもたらします。建物が傷んでしまうのはもちろん、人体の健康にも被害をもたらすため、できるだけ早めの応急対処が肝心です。

ここでは、簡単にできる雨漏りの応急処置の方法をお伝えします。自分でできる応急処置をするだけでも、二次被害を最小限に食い止められるので、ぜひ参考にしてください。

ビニールシートを被せる

雨漏りしている部分にビニールシートを被せ、雨水の侵入を防ぎましょう。
どこから雨漏りをしているのか見当がつかない場合には、広範囲にビニールシートを被せてしまうのもひとつの方法です。

垂れる水はバケツなどに貯める

天井から垂れる水はバケツなどに貯め、壁や家具、家電が濡れるのを防ぎましょう。家具や家電が濡れてしまうと、最悪の場合買い替えになってしまいます。被害を最小限に抑えるためにも、室内に入ってくる雨水がかからないように対処しましょう。

バケツの下にはビニールシートなどを敷きましょう。バケツの中にタオルや雑巾などを入れておくと、水が飛び散りません。

防水テープを張る

防水テープとは、防水加工が施されたテープのことをいいます。雨漏りしている箇所が特定できている場合は、防水テープを貼るのもひとつの方法です。
防水テープを貼る手順は以下の通りです。

  1. 雨漏りしている箇所を特定する
  2. 雨漏りしている箇所の汚れを落とし、乾燥させる
  3. 防水テープを貼る

雨漏りの応急処置のやり方についてはこちらの記事をご覧ください。

関連記事:被害を最小限にする雨漏りの応急処置方法【場所別】お金をかけずに自分でできる簡単対策

まとめ

この記事では、雨漏り修理の際の業者選びのポイントについて詳しく解説してきました。
大切な家の雨漏り修理は、信頼できる業者に任せるのが肝心です。信頼できる業者をきちんと見極めるには、雨漏り修理についての知識を深め、業者選びのポイントをしっかりおさえておきましょう。

全国には多くの業者が存在します。信頼もできて金額にもサービスにも納得できる業者を探すのはなかなか大変です。
雨漏り修理の業者探しのことなら、雨漏り修理110番までお問い合わせください。弊社には雨漏り修理のプロが多く加盟しております。お客様が安心して修理を任せられるプロをすぐにご紹介します。

「雨漏り修理に関する相談をしたい」という方も大歓迎です。お気軽にお問い合わせください。

0120-251-699 0120-697-267
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで