雨漏り修理110番 トップページ > 最新情報・レポート > 雨漏り修理をDIYで!原因に応じた修理方法で応急処置しよう

雨漏り修理をDIYで!原因に応じた修理方法で応急処置しよう

雨漏り修理をDIYで!業者に依頼するのとどちらがおトク?

雨漏り修理をDIYでおこなうためにはまず、原因の特定からはじめましょう。なぜなら、雨漏りにはさまざまな原因があり、原因によってDIYで修理できるかどうかや、修理方法が変わってくるからです。

「なるべくお金をかけずに修理したい」「早く修理したい」という方は、このコラムを参考に雨漏りの原因を見つけて、DIYで修理できる範囲であれば挑戦してみるのもよいでしょう。しかし、DIYでの修理が難しい場合や、DIYで修理したあとは、業者に適切な修理をしてもらうようにしてください。

まずは雨漏りの原因となっている部分をチェック

雨漏りの修理に必要な道具や方法は、雨漏りの発生個所によってそれぞれ異なってきます。そのため自分ができる範囲で、雨漏りが疑われる箇所をチェックしてみましょう。

今回は、雨漏りの発生原因で代表的な「屋根」「外壁」「窓」「ベランダ」の雨漏り発生個所のチェック方法についてご紹介していきます。

【チェックポイント①】屋根からの雨漏り

屋根の葺き替えでアスベストが飛散しない安全なリフォーム方法とは?

屋根からの雨漏りの原因を調査する際には屋根に登る必要があるため、非常に大きな危険をともないます。そのため、屋根の雨漏りは業者に調査や修理を依頼するのが一般的です。しかし、危険を理解したうえで「まずは自分で対処したい」という方は自己責任のもと、安全対策をしておこなうようにしてください。

屋根に登る際には、雨が降っている日、風が強い日、屋根がぬれている日などは落下の危険がとくに高いため、避けてください。そして、ヘルメットや安全靴などを着用しましょう。また、ハシゴを使って屋根に登る際には、ほかの人に支えてもらいながら登るとよいです。

屋根に登る際の注意点をお伝えしたところで、ここからは雨漏りの原因をご紹介していきます。屋根からの雨漏りの原因はさまざまですが、このコラムでは、その中でもとくに多い下記の原因を解説していきます。当てはまるものがないか、チェックしてみてください。

屋根の雨漏りのおもな原因
・屋根材のズレや破損
・防水シートの破損
・漆喰の崩れ
・棟瓦・棟板金の劣化
・雨樋の詰まりや破損

・屋根材のズレや破損
屋根材の下には防水シートが敷かれているため、屋根材のズレや破損が必ずしも雨漏りにつながるわけではありません。しかし、屋根材のズレや破損によって防水シートが劣化し、その結果雨漏りが発生しやすくなるといわれています。

そのため、屋根材のズレや破損を確認した際には、同時に、防水シートの破損も確認するようにしてください。

・防水シートの破損
屋根材の下に敷かれている防水シートがやぶれたり穴が開いたりすると、屋根の内部に雨水が浸透し、雨漏りが発生します。

・漆喰の崩れ
漆喰(しっくい)とは、屋根の頂上と瓦の接合部分の塗装です。漆喰が劣化し崩れることによって、雨水が侵入し雨漏りにつながります。漆喰の塗装は職人の技術を必要とする難しい作業なので、DIYで修理するのは難しいです。すぐに業者に修理を依頼しましょう。

・棟瓦・棟板金の劣化
棟瓦とは、屋根の頂上部分や境目部分にあるラインを覆う瓦です。スレート屋根などの場合、瓦ではなく金属の板が敷かれていて、棟板金と呼ばれています。

この棟瓦・棟板金が劣化すると浮きやズレが発生して、雨漏りの原因となることがあります。棟瓦・棟板金の浮きやズレは原因箇所を特定するのが難しかったり、建物の耐震性にかかわったりする重要なものであるため、修理は業者に任せるようにしてください。

・雨樋の詰まりや破損
雨樋(あまどい)とは、屋根から流れ落ちてくる雨水を効率よく排出するためのものです。この雨樋が詰まったり破損したりすると、屋根の雨漏りにつながることがあります。

ここまで、屋根の雨漏りのおもな原因をご紹介してきました。その中で、業者に修理を任せるべきものと、程度によってはDIYで一時的な応急処置ができるものを下記の表にまとめてみました。

業者に修理を任せるべき 程度によってはDIYで応急処置できる
漆喰の崩れ 屋根材のズレや破損
棟瓦・棟板金の劣化 防水シートの破損
雨樋の詰まりや破損

【チェックポイント②】外壁からの雨漏り

外壁を調べる場合は外壁にひび割れが発生していないか、壁材をつないでいるコーキング材に劣化が見られないかの2点をチェックしておきましょう。外壁やコーキングにひび割れがあると、そこから雨漏りが家の中に入っていき雨漏りが発生してしまう可能性があるのです。

【チェックポイント③】窓からの雨漏り

窓やサッシの場合は、窓枠やコーキング材などの劣化により雨漏りが発生する場合があります。とくに窓枠の下部分は、窓の重量や劣化による負担がかかりやすい箇所です。そこからひび割れが発生している可能性もあるので注意深く見てみましょう。

ただ窓が高所にあるときは、無理に確認しようとして身を乗り出さないようにしてください。また天窓の場合は高所作業が必要になるため、業者に見てもらうことをおすすめします。

【チェックポイント④】ベランダからの雨漏り

ベランダやバルコニーからの雨漏りで見るべきポイントは、床のひび割れが発生していないか、排水口(ドレン)に詰まりがないかの2点です。

床については目視で確認しやすいですが、注意したいのが排水口の詰まりです。ベランダに水を流した結果、排水口の水はけが以前より悪くなっている場合は、そこが雨漏りの原因である可能性があります。

雨漏りをDIYで修理する方法

雨漏りの発生個所を確認したところで、具体的にどう雨漏りをDIYで修理すればいいのか解説していきます。

ただひとつ注意しておきたいのが、ここで紹介する方法はあくまで一時的な応急処置であるということです。仮に雨漏りが止まったとしても、根本的な解決にはなっていない点にご注意ください。DIYで応急処置をおこなったら、修理業者にきちんと点検・修理をしてもらいましょう。

屋根材のズレや割れ・防水シートの破損・雨樋の詰まりや破損を補修

雨漏り修理のDIYはあくまで応急処置

屋根の雨漏り原因である、屋根材のズレや割れ、防水シートの破損、雨樋の詰まりや破損の補修方法をご紹介していきます。ただし、破損については軽度で範囲が狭い場合に、DIYでの修復を試みることができます。重度で範囲が広い場合はDIYで修理するのは難しいので、業者に依頼しましょう。

また、屋根の雨漏り修理は高所作業であるため、落下事故の危険性があります。安全のために業者に修理を依頼するのが一般的ですが、DIYで修理する際には安全対策をとったうえでおこなうようにしてください。

・屋根材のズレや割れの補修
屋根材のズレについては、瓦であれば上の屋根材を浮かして設置しなおすと直る場合が多いです。スレート屋根では、スレートをはがすのにスレーターズリッパーという道具が必要となります。

屋根材のヒビ割れについては、防水テープを貼ったり、コーキング剤でヒビを埋めたりします。どちらもホームセンターや通販サイトで購入できるアイテムです。コーキング剤を選ぶ際には、屋根材の補修に使ってもよいかを確認するようにしてください。

・防水シートの破損の補修
防水シートの破損は、防水テープを貼って雨水の侵入を防ぎます。

・雨樋の詰まりや破損の補修
雨樋の詰まりについては、細長いブラシなどでゴミやホコリを除去すれば解消できます。破損の場合、防水テープを貼って補修します。

外壁のひび割れ・コーキングの劣化を補修

多少の外壁のひび割れやコーキングの劣化であれば、そこにコーキング材を埋めることで雨水の侵入を防ぎやすくなります。コーキング材はホームセンターや通販サイトで購入できます。

ただし、購入する前に、外壁の補修に対応しているものであるかを必ずチェックするようにしてください。実際に補修する場合は、ひび割れや劣化箇所を埋めるようにコーキング材を補填することで処置できます。

また、外壁の割れや欠けがある、コーキングが割れているといった大きく破損している場合は、DIYで補修することは難しいです。破損箇所を見て雨漏りのDIY修理が難しそうなら、早めに業者に依頼して外壁を直してもらいましょう。

窓サッシの劣化をコーキングや防水テープで補修

こちらの場合もコーキング材で補修することができますが、窓サッシであれば防水テープを利用することでも応急処置が可能です。できれば粗面(ざらつきのある個所)でも貼りやすい防水テープを選ぶとよいでしょう。

また、防水テープを窓サッシに貼る際には、補修箇所の水分を十分に拭き取ってから、空気の隙間ができないように貼りましょう。適切な貼り方で防水テープを貼らないと、粘着力が弱まったり隙間から雨水が漏れてしまったりする原因になります。

ベランダの床のひび割れは防水シートでガード

ベランダやバルコニーの床がひび割れている場合は、その個所をかぶせるように防水シートを貼ることで対策が可能です。床の水分を拭き取ってから、シワにならないよう丁寧に貼りましょう。

また、排水口(ドレン)の詰まりがある場合は、自分のできる範囲で掃除をすることで、水はけを良くできる可能性があります。ただ排水溝の奥に詰まりがある場合は、無理に雨漏りをDIYで修理せずにプロの業者に依頼するようにしてください。

修理できない場合はブルーシートやバケツで二次被害の防止を

屋根や屋上などに発生した雨漏りをDIYで修理することが難しい場合、補修はあきらめて二次被害を食い止めるように対策をしておきましょう。雨漏りによって引き起こされる二次被害は、カビや害虫のことです。これらは湿気を好むという特徴を持っているため、部屋の湿度が上がると発生しやすくなります。

そうならないためには、なるべく部屋の湿度が高くならないよう対策することが大切です。たとえば天井からポタポタと雨水が落ちている場合、下にブルーシートなどを敷いたバケツを用意することで、床に雨水が染み込むことを防ぐことができます。

また、発生個所を防水シートでふさぐことも二次被害の対策になります。

【DIYの注意点】釘打ちは雨漏りを悪化させる原因に!

雨漏りのDIY修理方法のひとつに、板などを使って釘で止める「釘打ち」という方法があります。しかし釘打ちは失敗してしまうと釘穴から雨水が流れて、雨漏りが悪化してしまう可能性もあるのです。

天井などの雨漏りを防ぎたい場合は釘打ちではなく、防水テープや防水シートを使って発生個所をふさぎましょう。

雨漏り修理をDIYでおこなうにはリスクがある……

家の中で発生した雨漏りをDIYで修理することは可能ですが、必要な知識やリスクを理解したうえで、本当にDIYをしてもよいか慎重に判断する必要があります。ここでは、雨漏りをDIYで修理を検討する際に知っておきたいリスクや注意点について詳しく解説していきます。

雨漏り修理のDIYはあくまで応急処置

【チェックポイント①】外壁からの雨漏り

DIYでの修理だけでは、雨漏りの原因をすべて解決するのはかなり難しい点に注意しましょう。なぜなら、雨漏りは原因を特定しないと根本的な解決にならず、その原因の特定にはプロの雨漏り修理業者の手を借りないと正確に見極めるのが難しいからです。

また、何もかも自分で解決しようとすると、的外れな雨漏り修理をしてしまいがちです。慣れない作業により逆に雨漏りが悪化するケースもあります。

そのため、雨漏りをDIYで修理する場合、シーリングや防水シートを使用して雨水が流れるのを防ぐ「一時的な応急処置」程度しかできないことは覚えておきましょう。

DIYで雨漏り修理するための判断基準

まず雨漏りをDIYで修理するときは、その作業の「安全性」を第一に考えてください。たとえば、屋根や外壁の高い場所など高所作業が必要な場合は、落下事故により命を落とす危険性があります。少しでも事故のリスクがあると判断した場合は、無理に自分でやろうとせずに業者へ依頼しましょう。

また、応急処置をする場合は天候にも気をつけておくことも大切です。晴れて乾燥している日であれば問題ないですが、雨が降る日やその前後の日は湿気により補修材が定着しにくくなります。「安全性」と「天候」を考慮して、DIYで雨漏り修理をしてもよいか判断するようにしてください。

DIYで雨漏りを修理できたらそのままにしない

先ほどもお伝えしたとおり、雨漏り修理をDIYで可能なのは、あくまで雨水の侵入口をふさぐ程度の一時的な応急処置のみです。雨漏りの原因特定や根本的な解決はプロの業者でないと難しいので、応急処置と同時に業者に雨漏り修理を依頼するのがよいでしょう。

また雨漏り修理を業者に依頼すると、原因調査にかかる費用がかかるケースもあります。もし原因調査費用が気になるのでしたら、ぜひ弊社にご相談ください。弊社では無料現地調査により、費用をかけずに雨漏りの原因を調べることも可能です。

DIY修理のあとは業者による点検・修理依頼を依頼しよう

雨漏りのDIY修理は発生個所からの雨水を防ぐ、軽度の破損を補修するところまでが限度です。そのため、問題を根本から解決するためには、雨漏り修理のプロの手を借りる必要があります。ここでは、雨漏り修理の業者に依頼したときにしてもらえる内容やメリットを紹介していきます。

【1】雨漏りの根本的な原因を調査してくれる

比較的簡単な修理方法

雨漏り修理を業者に依頼すると、専門的な方法や知識を駆使して原因を調査(現地調査)してくれます。目視による調査だけでなく、発光液や赤外線カメラなど特殊な道具を使った本格的な調査が可能です。そのため、雨漏りの根本的な原因を特定しやすいのが大きなメリットといえるでしょう。

【2】プロならではの方法で雨漏りを修理してくれる

自身の家の構造によっては、雨漏り修理のDIYそのものが難しい場合もあるでしょう。しかし雨漏り修理の経験豊富な業者であれば、複雑な構造に合った修理をしてくれます。もしDIYが難しいと感じた場合は無理に修理しようとせず、はじめから業者の手を借りたほうが早くて安心です。

【3】危険な屋根や高所での雨漏り修理を任せられる

先ほども解説したとおり、屋根や外壁の雨漏り修理をDIYでやるのは、事故のリスクがあり大変危険です。高所作業はすべて雨漏り修理業者にお任せすることをおすすめします。プロであれば、安全に作業するためのノウハウを持っているので、安心して作業を任せられます

業者に修理を依頼する際の注意点

雨漏り修理をDIYではなく業者に依頼するときは、これからご紹介する5つの注意点を知っておきましょう。これらのポイントを押さえておくことで、納得のいく値段や内容で雨漏り修理依頼がしやすくなります。

【業者依頼時の注意点5つ】
1.現地調査は必ずしてもらう
2.見積書は必ずもらう
3.条件次第で費用が安くなる
4.修理後保証年数に注目する
5.依頼前に業者の実績や経験を確認

【1】現地調査は必ずしてもらう

雨漏りの原因を特定するための現地調査は、必ず業者にしてもらうようにしましょう。なぜなら、雨漏り原因をDIYにより特定することはかなり難しいからです。しかし、業者であれば状況に合った手段で現地調査をしてくれます。そのため、精度の高い原因の特定や修理がしやすいでしょう。また、業者によりおこなわれる現地調査の詳細を以下にまとめました。

調査方法 相場目安 内容
目視調査 無料~5万円程度 屋根などに登り怪しい箇所を目視で確認
散水調査 5~20万円程度 水を流して雨漏りの流れを調べる
赤外線調査 20~30万円程度 温度差を利用して雨漏り箇所を特定
発光液調査 10~25万円程度 発光液を流して雨水の侵入経路を特定
解体調査 無料~5万円程度 屋根などの一部を解体して詳しく調べる

現地調査の費用は被害状況・業者により異なることが多いため、表の相場は参考程度に考えてください。また費用が気になる方は、無料で調査をしてくれる業者を選ぶとよいでしょう。

【2】見積りは必ずとる

原因調査をしたあとの見積り書は必ずもらい、事前にしっかりと目を通してから修理を進めるようにしてください。見積り書を確認し納得したうえで雨漏り修理をお任せすれば、費用面でのトラブルを防ぎやすくなるからです。

また、見積り書をもらうだけでなく、書かれている内容も注意深く見るようにしましょう。たとえば「〇〇一式」など詳細がわかりにくい書き方の場合は、依頼するうえで不安要素があるため注意が必要です。その場合、見積りを細かくとってくれる業者に変更してもらうほうが安心して雨漏り修理をお任せできますよ。

【3】修理費用の負担が軽くなるかも

雨漏り修理を依頼するときは、保険などにより費用負担を軽くすることができないかも考えておきましょう。たとえば以下のケースであれば、各会社が雨漏り修理費用を代わりに負担してくれる場合があります。

費用負担減の可能性があるケース
状態 雨漏りの状況 相談先
火災保険加入済 台風などの災害による雨漏り 保険会社
マイホーム所有 新築後10年以内の雨漏り 不動産会社
賃貸住宅の入居者 入居者の過失でない雨漏り 管理会社

もし上記の条件に当てはまっている可能性があれば、雨漏り修理業者に依頼する前に負担先の会社に相談をするようにしてください。その場合、手続きをするうえで見積書も必要になってくるので、原因調査後の見積書は必ずもらうようにしましょう。

【4】アフターフォローや保証のある業者を選ぶ

雨漏り修理をDIYだけでなく、業者にも依頼することで根本的な解決が可能です。しかし、修理をしたからといってこれ以上雨漏りが発生しないとは限りません。なぜなら雨漏りを完璧に修理することは難しく、再発する可能性があるからです。

万が一のことを考えて、修理後のアフターフォローが可能な業者を選べば安心して依頼できるでしょう。目安としては、修理後5年程度の保証をおこなっている業者を選べば十分といえます。

【5】実績や経験を確認する

業者に雨漏り修理を依頼する場合、その業者の実績や経験はどれ程のものなのかをチェックすることも大切です。もちろん、実績がない業者すべてが悪いわけではありません。ですが依頼する側としては、やはり実績豊富な業者に依頼するほうが安心できるでしょう。

肝心の実績・経験の見極めるには、その業者のホームページやブログで施工事例などを確かめるのが分かりやすいです。また、取得することが難しい「雨漏り診断士」や「建築板金基幹技能者」の資格があるかチェックするのもポイント。業者選びの有力な判断材料になることでしょう。

業者に修理を依頼する際の料金相場

業者に屋根、外壁、窓サッシ、ベランダの雨漏り修理を依頼する際の料金は、雨漏りの原因や損傷の程度などによってさまざまです。料金相場をいくつかご紹介していくので、参考までにご覧ください。

・屋根の雨漏り修理
屋根材のズレや破損の補修であれば、3万円~5万円程度が相場です。しかし、漆喰や棟瓦・棟板金の修理の場合、30万円~50万円程度と高額になっていきます。

・外壁の雨漏り修理
外壁の雨漏り修理は、部分的なひび割れやコーキングの補修であれば修理料金は数万円~10万円程度が相場となっています。しかし、コーキングの打ち替えとなると、10万円~50万円程度かかるといわれています。

・窓サッシの雨漏り修理
窓枠のコーキングの劣化による雨漏りの場合、部分的な補修であれば3万円~5万円程度が相場となっています。しかし、天窓のように作業が難しい場合だと料金は高くなる傾向にあります。

・ベランダの雨漏り修理
ベランダの防水層のひび割れによる雨漏りでは、修理費用の相場は5万円~20万円程度といわれています。

このように、雨漏り修理の料金相場は原因の種類、損傷の範囲、程度などによって大きく差があります。また、屋根や2階の外壁のように高所作業となる場合、足場代が別途発生するので費用が高額になるでしょう。

そのため、実際にかかる料金を知るためには、業者が現地で調査・見積りをおこないましょう。その際には、無料で現地調査・見積りに対応してくれる業者を選ぶと安心です。

雨漏りをすぐにでも修理したいときは弊社へご相談ください!

もし緊急で雨漏り修理が必要で、どの業者に依頼すればいいかわからない場合は、弊社のサービスを利用することもひとつの手です。弊社は経験・実績豊富なプロをご紹介できるだけでなく、見積り費用の相談についてもうけたまわっています。

また弊社では「無料現地調査」も実施していますので、費用をかけずに雨漏りの原因を特定することが可能です。緊急時にいつでも対応できるよう24時間365日連絡を受け付けていますので、ぜひお電話でご相談ください。

まとめ

雨漏り修理がDIYできる範囲は、雨水を漏れないようにシートでふさぐ、ひび割れを補修するといった応急処置程度までが限度です。それ以上の本格的な修理はプロの業者でないと難しいので、早めに業者に連絡して雨漏り問題を解決しておきましょう。

実際に業者依頼をするときは、業者の経験・実績を把握すること、修理後保証の有無を確認することが大切。また、現地調査後の見積り書は必ずもらい、内容に納得してから雨漏り修理を進めるようにしてくださいね。

※掲載料金は消費税を含んでおりません。(2020年7月22日時点)

雨漏りでお困りなら、雨漏り修理110番にお任せください!
通話
無料
0120-251-699 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

【雨漏り修理のDIYに関する記事はこちら】

コーキングで雨漏り修理の応急処置をしましょう!

職人仕上がりなコーキングガンの使い方・コーキング剥がし方

コーキングの交換方法、場所別チェック!ペロンと簡単に剥がすコツ

コーキング材の種類|目的に合わせた選び方やDIYの方法を解説!

外壁コーキングのコツを紹介!初めてのDIYで押さえるべきポイント

雨漏り補修|自分でできる応急処置3ステップ!業者依頼の費用相場も

0120-251-699 0120-697-267
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで