雨漏りでお困りなら、雨漏り修理110番まで!屋根の修理から屋上・ベランダの防水工事など無料現地調査を実施中!日本全国24時間365日対応で早期解決へ!

電話で相談する
メニュー

利用規約   プライバシーポリシー

最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

マンションやビルなどの広い屋上の防水工事でお悩みなら、アスファルト防水がおすすめです。アスファルト防水はウレタン防水などと比べ、耐久年数が長くメンテナンスの手間が減らせるため、多くの屋上で利用されているからです。 そのアスファルト防水工事のなかでも熱工法はとくに歴史が長く、100年以上の実績があります。長く利用されてきたからこそノウハウも豊富なため、信頼性の高い工法となっています。

雨漏りの原因にはおもに経年劣化や施工不良などがありますが、どこから雨漏りしているのか特定するのは難しいことも多いでしょう。雨漏りは、屋根だけではなく外壁、ベランダなどさまざまな場所から発生するからです。 雨漏りの修理でお困りの際は業者に依頼をして雨漏りの調査をしてもらいましょう。当記事では、雨漏りの原因はもちろん、業者に依頼した際の調査方法や業者選びのポイントについてご紹介していきま

ベランダや屋上など、建物のなかでも雨の影響を直接受ける部分にはしっかりとした防水工事が必要となります。防水工事にはおもに4種類の方法があり、それぞれに特徴があります。 マンションやビルの屋上やベランダ・バルコニーなど、施工する場所によって最適な工法は異なるため、防水工事を依頼する際には特徴を知ったうえで、どれにするのか検討するのがおすすめです。 そこでこの記事では、防水工事を種

約50平方メートルの屋上の防水工事費用は、一般的に15万円~40万円程度と幅があります。屋上の防水工事にはさまざまな種類が存在しており、種類によって費用が異なるからです。そのため屋上の防水工事をおこなうのであれば、工事の種類を理解しておくことが大切です。 ただし、屋上の広さ・状態などさまざまな要因によっても費用は変動します。費用の詳細を知りたい場合は、個別に業者から見積りをとるように

雨漏りが発生した場合、どこに相談すればよいのかは、お住まいの住宅環境によって異なります。賃貸住宅や分譲マンションなどの場合は、雨漏りの発生箇所や原因によって修繕費を管理会社や大家さん・管理組合が負担する場合があるからです。 当記事では、雨漏りの相談先について、住宅環境別にご紹介していきます。同時に、雨漏りの原因や応急処置方法・放置する危険性なども解説しますので、ぜひお役立てください。

防水工事は建物を長持ちさせるためには必須です。ビルでも戸建住宅でも、水が侵食してしまうとボロボロになってしまいます。「たかが防水工事」と考えていると、あとでさまざまな不便に見舞われてしまうかもしれません。 このコラムでは、防水工事を始める際に知っておくべき知識について解説していきます。ぜひ参考にしてください。 目次 防水工事の基礎知識 防水工事の種類|塩ビシート・ゴ

瓦屋根の葺き替えは、屋根材の選び方や工法の違いのほか、工事にかかる費用の相場を把握しておくことが大切です。相場を知らないまま業者に施工の依頼をしてしまうと、高額な費用がかかってしまい後悔してしまうこともあるのです。 また依頼する業者についても、選び方を間違えてしまうと不当に高い金額を請求されることもあるので慎重に選ぶ必要があります。 当記事では瓦屋根の葺き替えにかかる費用の相場や失

瓦屋根の修理が台風などの影響で突然必要になる場合があります。瓦屋根に不具合が出てきてしまったらどうすればいいのかというと、できるだけ早く瓦屋根の修理をすることをおすすめします。なぜならそのままにしてしまうと雨漏りなどの新たなトラブルが発生してしまうかもしれないからです。 しかし、業者に依頼するといくらかかるのだろう?自分でもDIYで修理することはできないのか?など疑問も多いはずです。

火災保険の屋根修理に関する業者とのトラブルを防ぐためには、「保険金が下りるまでは業者と契約しない」などの対策方法を事前に知っておくことが大切です。たとえば、保険金が下りるまで業者と契約しないことを心がければ、「業者にすすめられたから契約したけど、火災保険が下りない」というトラブルを防ぐことができます。 この記事では、火災保険で屋根修理のトラブルが起きる理由とあわせて、屋根修理でトラブ

屋根の葺き替えを業者に依頼するときは、信頼できるところを選ぶようにしましょう。業者の選び方を間違えてしまうと、手抜き工事や施工不良などが発生するリスクが考えられるからです。 ほかにも、不当に高い工事費用を請求されて損をしてしまうようなケースがあるため、屋根のリフォームでどれくらいの費用がかかるかもあらかじめ知っておくことも大切です。 当記事では、屋根の葺き替えをおこなうときの業

屋根修理の費用相場を知りたければ、まずはあなたが『何を直してほしいか』を明確にすることが大切です。屋根修理と一口にいっても、 ・瓦やスレートのヒビ・ズレ・めくれなど破損をおこしたか ・屋根周辺の部品(雨どいなど)に異常があったか ・雨漏りを引き起こしているか によって、業者のおこなう作業は大きく異なります。まずは「どんな症状から屋根修理を検討したか」に合わせて、相場となる費

さまざまなメリットがある片流れ屋根ですが、雨漏りが起こりやすいというデメリットもあります。もし家を片流れ屋根にしたいけど雨漏りが心配だという場合は、透湿フィーリングやシール付き水切りを使うなどの方法をするのがおすすめです。こうした対策をおこなうことで、片流れ屋根の雨漏りの原因となる場所の保護などができるからです。 この記事では、片流れ屋根で雨漏りが起きやすい理由と、その対策方法につい

屋根の雨漏り原因を自分で見つけるのはとても難しいため、雨漏り修理業者に現地調査を依頼して「プロの目」で原因を特定してもらいましょう。屋根の雨漏りにはヒビ割れや防水シートの劣化などのさまざまな原因が考えられ、プロによる散水調査などの特殊な方法でないと正確な原因を確かめられないからです。 ここでは、屋根から雨漏りをした原因や業者依頼をするときに知りたい情報を詳しく解説。この記事を

「雨漏りで天井が落ちる」というのは、実際に起こりうることです。 なぜなら雨漏りを放っておくと、天井そのものが腐食してもろくなってしまうから。また雨水を吸った天井はかなりの重量になり、その重みに耐え切れずに落下、なんてこともあり得ます。 いきなり頭上から天井が……なんて考えるだけでもおそろしいものですよね。 しかし天井の落下にはわかりやすい前兆がありますので、一度あなた

スレート屋根は、軽くて施工しやすいため人気の屋根材です。しかし、自然災害などで破損することがあるため、定期的に点検や修理しましょう。 スレートが破損することで隙間から雨水が流れ込み、雨漏りの原因となるからです。雨漏りは建物自体の寿命を縮めることになるので、劣化箇所の早期発見が重要となります。 そこでこの記事では、雨漏りする原因、スレート屋根の修理や工事にかかる費用の相場につ

スレート屋根の葺き替え工事は、屋根材を撤去してまるごと新品に入れ替える工法です。ただし、その費用は少々高額……。それでも、屋根の状態によってはもっと安くスレート屋根を補修できるかもしれません。 なぜなら、場合によっては部分修理やカバー工法など、もっと便利かつ安い工事で対応できることもあるから。この記事では、そんなさまざまなスレート屋根の工事内容や費用相場、工事を依頼するポイントに

業者に屋根の葺き替え工事を依頼するときは、工事の工程や日数などをきちんと提示してくれる業者を選びましょう。 屋根の修理は数日から数週間にわたることが多いので、騒音などでトラブルにならないよう、事前に近隣へお知らせすることが大切です。きちんとした業者であれば、工程や日程などを細かに説明してくれるので、近隣への挨拶などもおこないやすくなります。 また、業者の説明を理解しやすくす

コロニアル屋根への葺き替えを検討中の方は、まず既存の屋根を確認しておきましょう。なぜなら、コロニアル屋根への葺き替え費用は、既存の屋根の種類や状態によって大きく異なるからです。 この記事では、コロニアル屋根の特徴や葺き替えについてご紹介します。また、おすすめの葺き替えの屋根材についてもお教えしますので、屋根の葺き替えをご検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

カーポートの屋根修理は、パネル数枚の被害であればDIYで修理することができます。 パネル数枚であれば、張り替えるだけで修理を済ませることができるからです。ただし、屋根の被害状況によっては業者に依頼するほうがよい場合もあります。 まずはカーポートの屋根の状態を確認して、業者に依頼するかDIYするか決めましょう。当記事では業者による交換費用の相場やDIYで修理する方法など解説し

トタン屋根の雨漏り修理をDIYでおこなうのは、補修による応急処置までなら可能です。しかし、DIYでは一時しのぎにしかならないことを覚えておきましょう。 古くなったトタン屋根は全体的にサビが発生しやすく、DIYで補修しても雨漏り再発のおそれがあります。そのため、根本的な解決をするには雨漏り修理業者のようなプロの施工でないと難しいのです。 ここでは、トタン屋根の雨漏り修理を

今すぐお電話したい方はコチラをタップ0120-949-950