雨漏り修理ならお任せを!屋根・屋上の防水工事から部分補修まで実績豊富なプロが対応|の雨漏り修理110番

電話で相談する
メニュー

最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

防水工事チェックシートは「経過観察」「要注意」「修理が必要」など、現在どの段階の症状にあるのか判断するときに便利なツールです。メンテナンスを先延ばしにしていた方は、チェックシートでまずは判断してみるとよいでしょう。 防水層は月日とともに日々劣化していくため、長年メンテナンスせずに放っておくと、甚大な雨漏り被害を被ってしまうおそれがあるからです。 このコラムでは、自分で防水層

屋根の軒下修理は、色あせ程度ならDIYで、シミなどができている場合は業者に依頼したほうがよいでしょう。色あせなど軽度なものはDIYでもメンテナンスできますが、シミなどができている場合は雨漏りのリスクが高い状態であるため、早急に業者にみてもらったほうがよいからです。 このコラムでは、軒下と軒天の違いや軒天の材質、雨漏りの症状や原因を紹介した後で、DIYや業者依頼で修理する方法がわか

陸屋根からの雨漏りを予防するには、防水機能を高めるための防水工事が必須になります。陸屋根は構造上、水はけがとても悪くなっているため、一般的な屋根と比べて雨漏りが発生するリスクが高いからです。 このコラムでは、陸屋根の防水工事の必要性や防水工事の種類を解説しています。雨漏り予防にはメンテナンスも大切なため、そのタイミングについてもご紹介します。陸屋根の防水工事の大切さを知って、

トーチバーナーはアスファルト防水工事のトーチ工法で使用される道具です。防水工事にはアスファルト防水以外にも『ウレタン防水』『FRP防水』『シート防水』があるため、比較してから決めるとよいでしょう。 それぞれの防水工事にはメリット・デメリットがあり、工事が適している場所も異なるからです。 このコラムでは、アスファルト防水工事に使うトーチバーナーについて、そのほかの工法との

新築住宅の雨漏りの保証は築10年間と決まっているため、その期間内であれば無料で修理することができます。なぜなら、法律で定められている「瑕疵(かし)担保責任」により、築10年の間に起きた雨漏りを売主が補償する義務があるからです。 今回のコラムでは、雨漏りの保証についての詳細や、実際の手続きについて解説します。また、対象外であっても火災保険で雨漏り修理ができるケースもご紹介しています

屋根の漆喰に不備が見られるときは、できるだけ早く業者に依頼して修理してもらいましょう。屋根の漆喰には、屋根瓦を固定して瓦の内部に水が浸入しないようにする役割があります。そのため、屋根の漆喰に見られる不備を放置すると、瓦内に水が浸入して雨漏りの原因となってしまうおそれがあるのです。 弊社にご連絡いただければ、屋根の漆喰を修理することができる業者をご紹介いたします。また、この記事

雨漏りを解決するためには、『調査をして雨漏り原因を特定し、それを取り除く』ことが必要です。 雨漏りはさまざまな場所や原因によって発生するため、思っている以上に深刻な事態になっている可能性もあります。とくに、今まさに雨漏りが起きてしまっているというのであれば被害が広がらないようにしなければいけません。 このコラムでは、まずは簡単にできる応急処置から紹介していき

屋根の葺き替え工事をおこなう際には、一緒に屋根断熱もおこなうことをおすすめします。屋根を古いものから新しいものに交換できると同時に、夏や冬に向けた対策することができるからです。 しかし葺き替え工事費用は高いイメージがあるため、業者に依頼することをためらってしまうことでしょう。そこで当記事では、屋根の葺き替え工事や断熱工事にかかる費用相場や費用を抑える方法などを解説していきます。 ま

屋上防水工事をDIYでおこなうのであれば、ウレタン防水という工法がおすすめです。防水工事にはさまざまな工法がありますが、ウレタン防水はほかの施工方法に比べて難易度が低いからです。 この記事では、塗料の選び方や施工手順をご紹介していきます。よく確認したうえで、実際にDIYをおこなってみてください。 目次 DIYにウレタン防水をおすすめする理由 ウレタン防水とは? ウレタ

屋根の葺き替え(ふきかえ)は、屋根工事のなかでもかなり大規模な作業となります。もし屋根葺き替えがはじめて、という方はとくにわからないことも多いのではないでしょうか。 まずは作業の流れや費用相場など、わからないことを解消してから依頼に踏み切れると安心です。そこでこの記事では、そんな屋根の葺き替え工事のメリット・デメリットや日数、費用はもちろん、保険や業者の選び方までくわしく解説していき

「屋根修理を業者に依頼したいけど、詐欺が心配……悪徳業者ってどう見分けるの?」 「知らない業者から突然「屋根修理したほうがいい」との報告が……これって本当?」 信頼できない業者を見分けるには、まずはその“手口”を知ることが大切です。 たとえば「見知らぬ業者から突然訪問・電話などで屋根修理を提案された……」このようなケースは信用できない業者であるケースが多いです。な

防水工事の保証制度の期間は原則リフォーム後5年、新築では最長10年とされています。この期間は建物の状態によって決まりますが、総合的に判断されるため、場合によっては10年未満になることもあるのです。 今回は防水工事の保証について解説します。さらに工事を依頼するときのポイントや優良な業者の選び方についてもご紹介します。長期にわたって保証してくれる業者をお探しの方は、ぜひ本記事をご参照ください

陸屋根の雨漏り修理をDIYでおこなう際は、部分的な補修までと思っておきましょう。 雨漏りの範囲が広いと修理作業の難易度が高くなるため、手間と時間がかかってしまうからです。また、高所作業により危険かつ作業がしにくいため、修理を失敗してしまうことや、最悪の場合落下事故により大ケガをしてしまうことも……。そうなると、結局業者依頼が必要になり、余計なお金がかかってしまいます。 このコラ

雨漏り修理に使う防水テープは、『撥水性・粘着度・耐熱性』などをよく確認してから購入するようにしましょう。 防水テープにはさまざまな種類があるため、屋根の雨漏りに適しているものを選ばないと思うような効果を得られないからです。 このコラムでは、防水テープの特徴や選び方、雨漏りを防水テープで応急処置する方法についてご紹介しています。ただし、雨漏りは放っておくと被害が拡大していくため、なる

床から雨漏りした場合は、業者に依頼しなければ直らないことがほとんどです。なぜなら、床からの雨漏りは建物内部から発生していることが多く、自分では根本から解決できないケースが大半だからです。 ただし、簡単な応急処置であれば自分でもできるので、業者を呼ぶ前にまずは被害を抑えておきましょう。このコラムでは、そんな雨漏りが床で発生したときの対処法を解説していきます。 また業者に雨漏り

古いスレート屋根に含まれたアスベストを除去するには、業者に依頼してリフォームをしてもらうことが大切。リフォームの方法には「葺き替え」「カバー工法」の2種類があり、自身と都合のよい方法を選ぶとよいでしょう。どちらの工法でもアスベストの対策をすることができ、優良な業者を選びさえすれば安全に施工してもらえるからです。 今回は、自宅のスレート屋根でのアスベストの使用有無を判断する方法や、カバ

屋根葺き替えでリフォームするうえでの最大のメリットは、家が丈夫で長持ちすることです。そのため、同じ家で何年も暮らすことを考えるならおすすめできるでしょう。 屋根葺き替えは古い屋根材をすべて撤去して全く新しいものに取り換えるリフォームのため、屋根の耐震性や耐久性能を維持しやすくなるのです。今回は、屋根葺き替えでのメリットやデメリット、費用相場についてご紹介していきます。

セメント瓦の雨漏りは劣化が原因かもしれません。日本瓦に比べて、耐水性の低いセメント瓦は定期的なメンテナンスをおこなわないと、劣化して雨漏りを引き起こすおそれがあります。また、セメント瓦のほうが割れやすいため、知らない間に破損していたり、ずれていたりして、雨漏りの原因になっているかもしれません。 ここでは、セメント瓦の雨漏りの原因や修理方法、費用相場などをご紹介します。ぜひ参考にしてく

屋根修理を検討する際は、「費用相場」「補助金制度」「火災保険」「信頼できる業者選び」この4つのポイントを押さえておきましょう。 なぜなら、この4点を押さえているか否かでは、実際にかかる施工費用の金額に大きな差が出てくる可能性が高いからです。屋根修理は場合によっては多額の費用がかかり、さらに施工後、雨漏りなどの被害が再発して追加で費用がかかることも。 後悔しないためにも、利用でき

屋根は一番下から、垂木・野地板・防水シート・屋根材といった構造をしています。太陽光パネルを設置するときは、屋根を支える土台である垂木にビスを打ち込んで取り付けることがあります。 この方法は直打ち工法と呼ばれていますが、垂木に取り付けるときに防水シートや野地板に穴を開けます。通常は防水加工をおこなうので、防水シートがあったとしても雨漏りにつながることは少ないといえるでしょう。 しかし

今すぐお電話したい方はコチラをタップ0120-949-950