雨漏りでお困りなら、雨漏り修理110番まで!屋根の修理から屋上・ベランダの防水工事など無料現地調査を実施中!日本全国24時間365日対応で早期解決へ!

電話で相談する
メニュー

利用規約   プライバシーポリシー

最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

屋根や外壁の補修を検討しているなら、合わせて破風板の補修もおこなうことをおすすめします。 破風板は雨風や火災から屋根や外壁を守るためのものです。この破風板が劣化していると防水性が低くなって雨漏りしやすくなり、屋根材や外壁材が傷んでしまうことがあります。 また劣化した破風板が落下して人がケガをする危険性も高くなるので、できるだけ早く補修した方がよいです。 当記事では破風板の役割

「屋根の板金が浮いているようだ。修理した方がいいのかな……」 屋根板金が劣化していることに気がついたら、早めに修理することが大切です。劣化していると、そこから雨漏りするおそれがあるからです。 このコラムでは、屋根板金の種類や工事方法について解説しています。そのほか屋根板金が劣化している場合の症状についても解説していますので、あわせてご覧ください。 もし、自宅の屋根板金がここで

屋根の修理をするなら、まずは現地調査を依頼しましょう。屋根の修理といっても、どのような修理やリフォームが必要なのかによって費用が大幅に異なるため、一度状態を確認してもらう必要があるのです。 この記事では、屋根の修理・リフォームにかかる費用の相場についてご紹介しますので、現地調査を依頼する前に大体の費用が知りたいという方はぜひ参考にしてみてください。そのほかにも、火災保険が適用され

垂木が傷んでいるのを見つけたら、早めに業者に修理を依頼しましょう。垂木は屋根の土台になっている木材で、雨漏りなどから家を守る大切な役割を果たしています。 垂木のサイズは複数あり、長さによっては傷んだ垂木と同じような木材を自分で購入することができる場合もあるでしょう。しかし、修理するためには屋根に上がって一度屋根材を剥がす必要があるので、素人がおこなうのは困難かつ危険なためプロに依頼が

家を建てる際、トラブルが起こりにくい屋根にしたいなら4寸勾配がおすすめです。2寸勾配・4寸勾配・6寸勾配など、屋根にはさまざまな勾配がつけられますが、雨漏りのリスクや施工のコストなどに違いがあります。 どの勾配がよいかは家を建てる人の好みや要望によって異なりますが、デメリットが少なくトラブルのリスクが低いのは4寸勾配です。 本コラムでは、屋根勾配の違いによるメリット・デメリットや4

「下屋根(げやね)」は2階建て以上の家の1階部分についている屋根です。もしもこれから家に下屋根を取り入れるなら、雨漏りに注意しましょう。下屋根は壁に穴を開けて取り付けるので、その設置部分が雨漏りの原因になりやすいのです。 しかし、こまめなメンテナンスをしていれば雨漏りリスクを抑えることはできます。下屋根にはリスクだけでなく、メリットもたくさんあります。下屋根の特徴やメンテナンスの方法を解説し

「のし瓦」にズレなどの不具合が生じたときには、早めに修理が必要です。のし瓦は屋根が山形に合わさるところの頂上部分に重ねて設置されている瓦で、屋根のなかに雨水が侵入するのを防いでいる重要な部材です。のし瓦に不具合があると、雨漏りが発生しやすい状況になっているといえます。 このコラムでは、のし瓦の役割と重要性、修理方法と費用の相場、安く抑えるコツを解説します。この記事を参考にして、雨漏り

鼻隠しが傷んでいる場合は、早めにプロに依頼して補修をおこないましょう。鼻隠しは屋根側面の先端に取り付けられていて、雨漏りなどを防ぐ役割を果たしています。 傷んでいるのを放置していると屋根の耐久性が低下して雨風の影響を受けやすくなってしまうので、早めに補修が必要なのです。 鼻隠しの取り付けられている詳しい場所や役割を知って、雨漏りなどのトラブル防止のために補修を検討しましょう。また、同じ

屋根からの雨漏りを点検してもらったとき、瓦の漆喰の工事が必要であるといわれることもあるでしょう。費用が高くて本当に工事が必要なのか心配という方は、工事が必要になるときの症状と照らし合わせてみましょう。 漆喰の工事が必要な症状を確認することで、本当に依頼してよいのか判断することができます。この記事では漆喰の工事が必要な症状についてご紹介しますので、悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

庇の後付けをしたいときは、まずご自宅に後付けが可能かどうか確認しましょう。庇は住宅の構造や外壁の素材によっては後付けできないケースがあります。 そのため、どのような庇にするかなどの計画よりも先に後付けが可能かどうかを判断することが大切です。 本記事では、庇の後付けができない住宅の特徴について解説しています。また、庇の役割や種類、大きさ、設置のポイントなどもあわせてご紹介していますの

コロニアル屋根を施工・補修するなら、その特徴について知っておくことが大切です。コロニアル屋根はデザインが豊富で、安価のため人気が高く、多くの家庭で使用されています。 しかし、特徴の中にはカビが発生する・ヒビが入りやすいなどのデメリットも含まれています。この記事で、コロニアル屋根の特徴や危険性を確認し、納得したうえで施工や補修をしてください。 目次 ▼コロニアルとはスレート屋根

建築関係者ではない一般の方が「雨仕舞い」という言葉を聞くことはほとんどないかもしれません。しかし、屋根の修理や塗装をおこなうときには「雨仕舞い」について知っておく必要があります。 「雨仕舞い」は雨漏りをさせないために大事な工事内容であり、適切におこなわないと、家の寿命を縮めることになるからです。 ここでは「雨仕舞い」についての詳しい説明のほかに、雨漏り事例や雨漏りを根本的に解決する方法

「野地板(のじいた)」は瓦などの屋根材の下に敷かれている板で、住宅において重要な部材のひとつです。野地板がなければ瓦を固定することができないですし、野地板の傷みや破損は雨漏りにも直接つながるからです。また、太陽光パネルを設置する際にも、パネルを確実に固定するために野地板の種類が関係してきます。 当記事では野地板の特徴や役割、メンテナンス方法をご紹介しています。雨漏り防止や太陽光パ

「ケラバ」は屋根の外壁から突き出した部分のことですが、住宅においてケラバには重要な役割があります。ケラバは屋根の雨漏りを防ぎ、紫外線や強風からも住宅を守っているのです。 「新築する家にケラバをつけたほうがいいのかな?」「屋根のメンテナンスにケラバの補修も必要なのかな?」という方は、ケラバの大切さがわかれば判断できるでしょう。当記事ではケラバの役割や構造、そして修理に関することまで

雨漏り修理を業者に依頼するときは、雨漏り診断士の資格をもっている業者に依頼をしましょう。雨漏り診断士は、雨漏りを診断する知識をもっているという証ですので、業者を選ぶときの基準になります。 この記事では、雨漏り診断士とはどのような資格なのかについて詳しくご説明をしていきます。また、業者を選ぶときのその他のポイントや、雨漏り修理費用の相場、火災保険が適応されるケースについ

ベランダから水漏れしている場合、まずはどの箇所が原因で水漏れしているのか、調査してもらいましょう。ベランダから水漏れする原因は複数存在し、プロでないと特定するのは難しいといわれています。 この記事では、ベランダから雨漏りする主な4つの原因や、業者に修理を依頼したときの費用相場についてお教えしますので、依頼するときの参考にしてみてください。 そのほかにも、ベランダの雨漏り

雨漏りは屋根だけでなく壁やベランダなどからも起こる場合があります。そして、古い家に住んでいるわけでも大雨が降っているわけでもないのに雨漏りをするのはおかしいと思うかもしれませんが、雨漏りの原因は劣化や大雨以外にもあるのです。 本コラムでは、屋根・外壁・ベランダ・サッシからの雨漏りの原因について解説します。思い当たるものがあったらすぐに業者に相談して修理をおこないましょう。業者が来るま

『現在、お家が雨漏りして困っている』という場合は、早めの雨漏り補修が必要となります。なぜなら、雨漏りを放置していると悪臭やカビが発生する原因になるなど、さまざまな弊害が生じるからです。 もし雨漏りがみられる場合は、まず自分で応急処置をしてみましょう。応急処置では心もとないので、正確に原因をつきとめて正しい対処をすることで根本的な解決につながります。 本コ

雨どいのつまりは頻繁に発生することではないため、いざつまってしまうとどのように掃除をしたらよいのか悩む方も多いのではないでしょうか。 本コラムでは、初めて雨どいのつまりを除去しようとお考えの方のために、掃除するときの注意点や具体的な掃除方法をまとめました。 しかし、雨どいがつまるたびに掃除をしているとたいへんな労力を必要とします。できればつまりが

雨漏りに気づいた場合、早く調査をしてもらう必要があります。なぜなら、雨漏りを放置することによって、カビの発生や木材の腐食など、ほかのトラブルが発生する原因にもなるからです。雨漏りによる被害を最小限にするためにも早めに調査依頼をするようにしましょう。 この記事では、雨漏り被害が壁紙に及んでいる場合の症状と原因、さらに雨漏り修理を業者に依頼した際にかかる費用についてご紹介していきます。

今すぐお電話したい方はコチラをタップ0120-949-950