電話で相談する
メニュー

太陽光からの雨漏り|その原因や雨漏りを回避する方法について解説!

太陽光からの雨漏り|その原因や雨漏りを回避する方法について解説!

屋根は一番下から、垂木・野地板・防水シート・屋根材といった構造をしています。太陽光パネルを設置するときは、屋根を支える土台である垂木にビスを打ち込んで取り付けることがあります。

この方法は直打ち工法と呼ばれていますが、垂木に取り付けるときに防水シートや野地板に穴を開けます。通常は防水加工をおこなうので、防水シートがあったとしても雨漏りにつながることは少ないといえるでしょう。

しかし業者が工程を省いたり施工が不十分だったりすると、防水シートの穴まで雨水が侵入して雨漏りしてきてしまうことがあります。

太陽光を設置するとなぜ雨漏りしてくるの?

屋根は一番下から、垂木・野地板・防水シート・屋根材といった構造をしています。太陽光パネルを設置するときは、屋根を支える土台である垂木にビスを打ち込んで取り付けることがあります。

この方法は直打ち工法と呼ばれていますが、垂木に取り付けるときに防水シートや野地板に穴を開けます。通常は防水加工をおこなうので、防水シートがあったとしても雨漏りにつながることは少ないといえるでしょう。

しかし業者が工程を省いたり施工が不十分だったりすると、防水シートの穴まで雨水が侵入して雨漏りしてきてしまうことがあります。

さまざまな事例

さまざまな事例

実際に太陽光の設置で雨漏りが発生した例について見ていきましょう。

太陽光パネルの設置ができない屋根に設置してしまい、雨漏りが発生したというケースがあります。たとえばスレートの屋根で野地板がバラ板のときは、太陽光パネルを設置できません。野地板とは垂木の上に乗せる板のことで、屋根材の下地になる部分です。

バラ板は杉の木などからできており、幅が約10cm~12cmほど狭いのが特徴です。バラ板は通気性が高いというメリットがある一方で、強度が弱いというデメリットもあります。バラ板は時間が経つと隙間ができてくるので、グラグラしてきてしまいます。するとビスとスレートの隙間から雨漏りしてきてしまうのです。

また太陽光パネルを屋根に設置するときは、屋根の強度と太陽光パネルの重さとの比重を考えなければいけません。強度の弱い屋根に重たい太陽光パネルを設置してしまうと屋根を傷つけ、雨漏りしてくる可能性があるからです。

実際に屋根の耐性についての調査をおこなわずにパネルを設置し、積雪時に重さに耐えきれなくなって瓦が割れてしまったといった事例があります。太陽光パネルを設置するときには綿密な現地調査をおこなうことが重要だといえます。

雨漏りした場合施工業者は補償してくれるか?

太陽光パネルの設置業者には「リフォーム瑕疵保険」に加入することが義務付けられています。リフォーム瑕疵保険とは、リフォーム工事の不備が原因で不具合が生じた場合に補償をしてもらえる保険のことです。

施工業者がこのリフォーム瑕疵保険に加入していれば、施工不良によって雨漏りが発生した場合にかかる修理費用などを補償してもらうことができます。雨漏りが発生した場合は、まずは施工業者に相談してみましょう。

メーカーは保証してくれるか?

メーカーは保証してくれるか?

施工不良によって雨漏りが発生した場合、太陽光パネルのメーカー保証は適用されないことが多いです。メーカーによる保証はあくまで太陽光パネルの製品自体にあった不具合をカバーするためのもので、施工業者の不備を対象としていないからです。

施工業者やメーカーで対応してもらえなかった場合は、雨漏り修理業者に依頼しましょう。

雨漏りを回避するためにはどうしたらいい?

最後に、雨漏りの発生を回避する方法を解説していきます。

信頼できる業者を選ぶ

信頼できる業者を選ぶ

知識や技術のある業者を選ぶことで、のちのち雨漏りが発生したというようなトラブルを防ぐことができるでしょう。また営業年数や施工実績なども確認しておくのがよいです。新規参入してきたばかりの業者は実績が乏しいので注意が必要だといえます。

また施工IDをもっている業者に依頼をしましょう。施工IDとは太陽光システムのメーカーが発行している、太陽光の施工や販売するための資格のことをいいます。この資格を取得するためには、各メーカーがおこなっている研修に合格しなければいけません。

施工IDをもっているということは、太陽光パネルの知識や技術を各メーカーによって認められているということになります。なので、業者を選ぶ際の目安にもなるのです。また、さまざまなメーカーの施工IDをもっている業者だと、幅広く対応してもらえるでしょう。

穴を開けない工法がある

太陽光パネルを設置する際には、屋根に穴を開けない工法を選ぶことで雨漏りしてくるリスクを減らすことが可能です。金属屋根の凹凸部分に専用の金具を取り付けて、ボルトで固定をします。

しかしこの工法は、屋根材が金属に限られていることや、費用が高くなってしまうというデメリットがあります。また屋根の形によってできない場合もありますので、事前に施工業者に確認してみましょう。

定期点検をおこなう

早めに屋根や太陽光パネルの経年劣化や不具合を見つけることで、雨漏り被害を防ぐことができる場合があります。太陽光パネルは設置してから1年目に初回の点検をおこない、それ以降も4年に1度以上の頻度で定期点検が推奨されています。そのため定期点検のアフターサービスがあるかどうかも、業者選びのポイントといえます。

まとめ

太陽光パネルを設置してからの雨漏りは、設置時に業者が屋根の防水シートに穴を開けるのが原因であることがあります。その場合、施工業者が瑕疵保険に加入していれば補償が受けられる可能性がありますので、施工業者に相談しましょう。

一方メーカーによる保証は、太陽光パネル自体の不具合のみの場合がほとんどです。太陽光からの雨漏りを回避するためには、設置時に信頼できる業者を選ぶことが大切です。

もしもすでに雨漏りが発生してしまい、施工業者やメーカーに対応してもらえないときには、雨漏り修理業者に依頼をしましょう。弊社では、雨漏り修理業者に関するご相談を24時間365日お電話とメールで受け付けております。

「雨漏りしてくる原因が太陽光パネルなのかわからない」といった場合でも、対応が可能です。見積りが無料の業者をご紹介することが可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

【掲載料金は消費税を含んでおりません】
【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】

雨漏りでお困りなら、雨漏り修理110番にお任せください!
通話
無料
0120-251-699 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

今すぐお電話したい方はコチラをタップ0120-949-950