その雨漏りどこまで修理できる?自分でできる応急処置と業者による雨漏り修理の違い

雨漏り修理の違い

雨漏りが起きた場合は、応急処置が必要です。できるところは自分でやるべきか、はじめから業者に頼むべきかは悩むところです。
応急処置の手順を見ていきながら、雨漏りは業者に依頼すべきかどうか考えていきます。

雨漏りの応急処置をする前に覚えておくこと

雨漏りの応急処置

雨漏りの応急処置をするうえで、被害箇所の正確な特定は不可欠です。応急処置をする前に確認しておきたい注意点を理解し、よくある発生箇所やチェックポイントを押さえておくと、いざというときに役立ちます。応急処置の大切さを理解しましょう。

よくある発生場所

・屋根
雨漏りが一番多く発生する場所です。瓦のズレやひび割れが原因になっているところに、大雨や台風などが引き金になって発生することが多いようです。上からポタポタと水が落ちてくるのであれば、屋根からの雨漏りの可能性が高いです。

・屋上
コンクリートで覆われていることが多い屋上ですが、劣化によるひび割れ、排水溝の詰まりなどが原因になって起こります。建物本体の劣化を防ぐためにも、建物の上部にある屋根同様、定期的なメンテナンスが必要な場所です。

・壁
施工不良、外壁塗装の剥がれ、シーリング材の劣化が原因になることが多いようです。壁にヒビが入っているときに、斜めに吹き付ける強い雨が降ることで雨漏りすることもあります。水分によって木材が腐食してしまう前に、雨漏りを解決する必要があります。

・窓
窓ガラスと窓枠の隙間から、水が入ってくるパターンです。窓ガラスと窓枠のサイズが合っていない、グレチャンやビートの劣化などが原因です。発生率は少ないものの、窓の周辺にカビが生えているなどの症状も一緒に見られるときは、窓からの雨漏りを疑いましょう。

・ベランダ
防水シートの劣化、経年劣化によるひび割れが原因になることが多いです。ベランダは、雨風の影響を直に受ける、人の出入りがあるなどの理由から、劣化しやすい場所です。そのため、定期的なメンテナンスとともに雨漏りの発生に注意していかなくてはいけません。

雨漏りで見逃せないサインとチェック方法

■雨漏りのサイン

天井、壁紙(クロス)、床が濡れている、シミができている
室内がカビ臭い、カビが増えた
水音が聞こえる
サッシまわりが濡れている

これらのサインを確認したら…

Check!

■チェックすべき箇所

1.スレートや瓦屋根にひび割れやズレがないか
まずは雨漏りが一番起こりやすい屋根を確認しましょう。2階建ての建物など、高所での作業は危険なので、無理のない程度で確認していきます。

2.壁や天井のつなぎ目、天井裏にカビの発生はないか
雨の降った日にカビの生えている箇所を触ってみて、濡れているようであれば雨漏りの可能性が高いです。

3.床、壁紙の剥がれ周辺にシミはないか
雨の日に、シミになっている箇所が濡れていないか確認します。

4.天気によってサッシまわりの違いはないか
結露の可能性もありますが、雨の日だけ症状が出るようでしたら、雨漏りを疑います。

屋根以外の箇所は、雨の日にチェックするとわかりやすいのでタイミングを見逃さないようにしましょう。

二次被害を招くおそれがある雨漏りの放置

雨漏りを放置するとこわいのが、二次被害です。放置し続けることで、シミやカビの繁殖のみならず、シロアリの発生などによって建物の寿命を短くする原因になります。さらに、漏電被害のリスクも高まります。最悪の場合、火災に発展することもあるのです。

また、カビによって健康に悪影響を及ぼす可能性も否定できません。雨漏りを放置することによって、建物だけではなく人間も被害を受けることがあるということを忘れてはいけません。

DIYでもできる手軽な応急処置方法

応急処置方法

DIYでの雨漏り応急処置の方法を中心に取り上げます。室内でできる簡単な処置、屋根上で行う対処を見ていきます。被害状況にあわせて、ご自身ができると感じる範囲で応急処置を行いましょう。

応急処置前の確認事項

屋根に上るためにはしごを利用するときには、いくつかの注意点やコツがあります。
・はしご上部と雨樋の支持器具を、ひもでしっかりと固定する
・はしごの滑り防止のために、はしごをかける角度は75度にする
・登るときは、はしごに身体を近づけてゆっくり登る
・はしごを登るときは、1人ではなく2人で行い、はしごを支えてもらう

室内でやるべき応急処置

■天井から雨漏りしている場合
室内の水濡れを抑えるために、バケツ、雑巾、新聞紙を利用します。敷いた新聞紙や雑巾の上にバケツを置いて、床を濡らさないようにします。バケツを置くだけでもいいですが、溜まった水が跳ねて水が飛び散ることがあるので、新聞紙や雑巾を敷いておくと安心です。

■窓やサッシから雨漏りしている場合
雑巾とごみ袋を用意します。カーテンを付けている場合は取り外し、ゴミ袋を敷いて、雑巾でこまめに水分を拭き取ります。

いずれも自宅にあるもので応急処置ができます。雨漏りを発見したら簡単にできるのが、室内での応急処置です。

比較的簡単に出来る3つの応急処置法

室外でできる雨漏りの応急処置のなかでも、比較的簡単にできるものを紹介します。使うものは、防水テープ、ブルーシート、コーキングのいずれかです。ご自宅にあるという方は、試してみてもいいでしょう。

防水テープを使った応急処置

「雨漏り箇所が特定できる、被害箇所がトタン屋根、もしくは陸屋根」この条件を満たすときは、防水テープを使って応急処置ができます。ご自宅にない場合は、粘着テープで代用します。

1.まずは被害箇所の掃除をする
テープの粘着性を上げるために、テープを貼る場所の掃除をします。ホコリや砂、油分、水分はキレイに拭きましょう。

2.雨水の流れる方向を考えてテープを貼る
注意点は2つです。まずは、テープの効果を長持ちさせるために、テープどうしが重なる範囲を少なくすることがポイントです。もう一つは、雨水の流れる方向を確認し、下から上に、つまり水の流れに逆らって空気が入らないように被害箇所のみ貼っていくことです。広範囲に貼ってしまうと、別の箇所からの雨漏りを誘発する原因にもなるので注意します。
テープはやみくもに貼らないように気を付けましょう。

ブルーシートを使った応急処置

「雨漏りの被害箇所をピンポイントで特定できない」というときは、ブルーシートを使った応急処置がオススメです。用意するものは、ブルーシートの他に、重しとして使うための砂利を詰めた土のう袋です。

1.ブルーシートを広範囲に被せる
被害箇所が分からないからこそ、できるだけ広範囲にわたってブルーシートを被せる必要があります。もし雨漏りの侵入箇所がある程度わかるようであれば、その箇所より上部は必ずブルーシートで覆われるようにします。

2.土のう袋を設置する
ブルーシートを固定するために、土のう袋を使います。ロープなどを使って固定するのは、思わぬ箇所を傷つける原因になるので避けましょう。土のう袋の中には土を入れますが、細かい砂ではなく砂利など目の荒いものを詰めます。細かい砂だと、雨が降ったときに泥水となって屋根から滴り落ちてくるからです。

コーキング材を使った応急処置

「雨漏り箇所を特定できている」というときは、コーキング材を使った応急処置が有効です。ただ、用意するものはたくさんあります。防水コーキング材、コーキングガン、マスキングテープ、プライマー、カッターです。ご自宅にあるという方は試してみるといいでしょう。コーキング材はいくつかの種類があるので、修理箇所に応じて使い分けることが大切です。

1.該当箇所の掃除をして、被害箇所のまわりにマスキングテープを貼る
コーキングする前準備です。マスキングテープには、コーキング材が被害箇所以外についてしまうのを防ぐ役割があります。

2.コーキング材で埋める
コーキング前には、効果を高めるためにプライマーを散布します。しっかりと乾かした後は、被害箇所をコーキング材で埋めます。コーキング材が乾く前に、マスキングテープは剥がしておきましょう。

雨漏りに役立つグッズ

上の3つ以外にも、雨漏りの応急処置に役立つグッズがあります。
まずは、防水シートや吸水シートです。防水シートを被害箇所に被せることでさらなる水濡れを防ぐことができます。吸水シートは水分を吸ってくれますが、屋根に被せる場合は注意が必要です。水分を含んだシートは重くなるので、家の破損を招くおそれがあります。

外壁から雨漏りしている場合は、防水スプレーが有効なことがあります。散布することで、一時的にしのぐ効果を期待できます。
いずれにしても、被害箇所が特定している場合に使うことが大切です。

天窓・サンルームのからの雨漏り原因と対処

天窓(トップライト)からの雨漏り原因で代表的なのが、窓まわりのシーリング劣化です。シーリングが劣化することで、雨が染みてくることがあります。他には、天窓の破損やリフォーム時などの施工不良が考えられます。サンルームからの雨漏りは、雨が漏れないように打ち込むビスの穴からの侵入、もしくはフレーム部分にあるパッキンの劣化が原因になっていることが多いようです。

天窓やサンルームの雨漏り原因はこのようにさまざまですが、対処法はほぼ共通しています。シーリングを再度打ち込む、パッキンの交換、そして本体に問題があればガラス交換などで対応することが主な対処になります。

避けたほうがいい応急処置法

応急処置のやり方によっては、むやみに手をだしてしまうと、さらなる被害を生んでしまうと言われています。このようなリスクを避けるためにも、やってはいけない応急処置も頭に入れておきましょう。

注意!

NG1 被害箇所を特定しないままシーリングを使う
誤った場所をシーリングで埋めると、雨水の経路が変わってしまうことがあります。そうなると、新たな雨漏り箇所ができてしまうので避けなくてはいけません。

NG2 パテ材を使う
間違ってはいませんが、パテ材の効果は長続きしないと言われています。あくまで一時的な効果と考え、パテ剤を使用した後に放置するのはやめましょう。

NG3 釘を打つ
屋根にある板金の外れを直すときなどに、釘を打つのは避けたほうが無難です。打つ場所だけでなく、力加減を誤ると屋根に穴が空いてしまうことがあります。

雨漏り修理をDIYするデメリット

安全面と再発・被害拡大のリスクがあります。自分で雨漏り修理をするときは、危険がつきものです。高所での作業になることがほとんどなので、思わぬケガ・事故に繋がることがあります。作業は、無理のない範囲で、足場を確認しながら安全第一で行う必要があります。

また、良かれと思ってやったことが、じつは雨漏り被害を広げる原因になってしまったということもあります。あくまで、自分でやれることは応急処置です。完全な解決にはなっていないので、再発する可能性があることを覚えておきましょう。

応急処置をしてくれる業者もあるので、作業に不安を感じる方はとりあえずの対処として依頼してもいいでしょう。

雨漏り修理業者をうまくつかってきれいに修理する

雨漏り修理業者できれいに修理する

自分で応急処置をしてもしなくても、完全な解決のためには、業者による処置は必要です。業者に依頼するメリットや業者を上手く使うコツをご紹介します。

業者に依頼した方がいい場合とは

被害箇所や原因が分からない

被害が大きくなっている

何度も雨漏りする

自分で対処する自信がない、思わぬケガや事故が不安


上に当てはまる状態のときは、雨漏りを自分で完全に解決するのは難しいかもしれません。無理はせず、業者におまかせすることを検討してみましょう。

業者による雨漏り処置とメリット

場合によっては赤外線画像などを使って原因箇所をしっかりと特定し、その原因に沿って根本的に解決してもらえるという安心感が、業者に依頼する何よりのメリットです。

工事内容としては、例えばスレートやルーフィング、漆喰などが劣化していることが原因であれば、新しい屋根材に交換、塗料の散布、補修をすることになります。また、原因を特定して作業に入るので、適切な箇所にコーキング材を埋めることができ、根本的な原因にダイレクトに効きます。
「自分では突き止められなかった原因を明らかにしたうえで、応急処置ではできない、部品の交換や補修をしてくれる」というのは、業者ならではの作業です。

雨漏り修理業者をうまくつかうコツ

雨漏りが起こる前に、予防として雨漏り点検をしておくこともオススメです。雨漏りが起こった後や、被害が広がってしまい天井の張替えなどの大規模な修理まで持ち越すと、点検するより費用がかかってしまうことがあります。

雨漏りの原因箇所として多い屋根の点検は、5年に1度行うと良いと言われています。雨漏りの対策だけでなく、生活の安全を守ることにも繋がるので、やっておいて損はないでしょう。定期的なメンテナンスををする、被害が小さいうちに修理業者を依頼するのは、長い目でみるとコスト削減になるケースがあるので、自分に返ってくるメリットも大きいと言えます。

まとめ

雨漏りの応急処置と、業者に依頼する際のポイントは

  • ・雨漏りがよく発生する場所をおさえる
  • ・原因特定のための手段として、雨漏りサインの確認と、チェックを行う
  • ・雨漏りを放置すると二次被害に遭うことがあるので、早めの応急処置が必要
  • ・応急処置は自分でできる範囲で、状況に応じて安全第一で行う
  • ・根本的に解決するには、業者の力が必要
  • ・雨漏り点検は予防のためや生活の安全のためだけでなく、コスト軽減のためになることがある

雨漏りの応急処置は簡単とは言えません。自信がないときや根本的な解決をしたいときは、雨漏り修理業者に頼りましょう。

  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼