雨漏り修理110番 トップページ > 最新情報・レポート > サッシから雨漏りする原因と対処法 雨漏りには適切な応急処置を!

最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

サッシから雨漏りする原因と対処法 雨漏りには適切な応急処置を!

サッシから雨漏りする原因と対処法 雨漏りには適切な応急処置を!

 

サッシから雨漏りするときの原因と対処法についてご紹介します。引き違いサッシから雨漏りした場合の自分でできる対策方法も合わせて知っておきましょう。小さな雨漏りだからと侮るなかれ、サッシからの雨漏りも放っておくと二次被害につながりかねます。どのように対処するのが正解なのでしょうか。

 

 

サッシから雨漏りする原因

雨漏りはどこからやってくるのでしょうか。雨漏りしやすい箇所をピックアップし、サッシから雨漏りする原因をまとめてみました。雨漏りチェックの参考にしてみてください。

 

・窓枠のコーキング部分

窓枠と外壁の間の溝を埋めるコーキングが経年劣化し破損している場合、その隙間から雨漏りすることがあります。

 

・外壁のひび割れ

窓枠の四隅の外壁は弱いため、ひびが比較的入りやすくなっています。少しでも亀裂が入っている場合、そこから雨水が浸入する、上方の壁のひびから水が入り込みサッシの部分で雨漏りするというケースもあります。素人には見つけにくいのが難点です。

 

・窓の近くの屋根

雨漏りしている窓のサッシ付近の壁にくっついている屋根がある場合、その境界部にひび割れや隙間が出来ていると壁の中を雨水が伝っていってしまいます。窓のサッシ付近のひび割れから雨漏りしてしまうことがあるので注意しましょう。

 

・引き違いサッシの境目

前後にサッシがある引き違いサッシでは、真横から強い雨が吹き付けると雨が入ってきてしまうことがあります。これはサッシの構造上の問題であり、故障や破損ではありません。すぐに直すこともできます。

 

自分でもできる簡単な雨漏り対策

自分でもできる簡単な雨漏り対策

 

雨漏りを確実に止めるには、その原因を追究し適切な処置を施すことが大事です。外壁や屋根が雨漏りの原因である場合は業者に頼むのが一番ですが、自分でもできる簡単な雨漏り対策を2つご紹介します。

 

① 窓の外に雨戸を取り付けるか雨戸の位置を変える

もし雨戸が取り付けられていない場合は、雨戸を取り付けると雨漏り対策になります。すでに雨戸が取り付けられているのにも関わらずサッシから雨漏りするという場合は、雨戸の位置を変えてみましょう。引き違いの隙間から雨水が入ってくることが考えられるため、外側のサッシのレール部分を雨戸でガードする形で設置すると雨水の侵入を防ぐことができるかもしれません。

 

② コーキング(シーリング)剤を付け足す

コーキング(シーリング)が割れてボロボロになっている場合は、市販のコーキング(シーリング)剤を買ってきてコーキング(シーリング)を付け足して補修するのも一つです。あるいは防水テープで養生するのも手でしょう。しかし完全な対処とは言えません。応急処置のつもりで施すのがよいでしょう。

 

改善が見られない・原因がわからないときは業者に相談

引き違いサッシからの雨漏りは自分でも対処できる箇所ではありますが、補修したのに雨漏りする・どこから雨漏りしているのか分からないといった場合は無理せず業者に相談することが一番でしょう。

 

引違サッシ以外でも、原因箇所をはっきりさせ適切な処置を施すためにはプロに一度相談するのがおすすめです。

 

業者以外に相談するとよい場合もあります。経年劣化の雨漏りでなく、台風などの強い風が原因で屋根や外壁などに損害が発生してしまった場合は火災保険である風災補償が適応されることもあります。

 

この風災補償は火災保険に含まれていることがほとんどであるため、もし火災保険に加入しているなら、自分でむやみに対処してしまうよりも、保険会社に問い合わせてみる・ホームページでチェックしてみるといったことが大切です。

 

賃貸では対処法が変わるので注意

賃貸では対処法が変わるので注意

 

マンションやアパートといった賃貸の場合は対処法が異なるため注意が必要です。賃貸物件の場合は管理会社や管理人に管理責任があるため、独断で修理をしてはいけません。

 

賃貸物件でサッシから雨漏りした時はまず管理人と賃貸管理会社に連絡しましょう。管理人の合意が得られれば、応急処置としてタオルで拭く・新聞紙を詰めるなどの応急処置を施します。賃貸においては「善管注意義務」という義務が発生し、雨漏りを放置しておくと義務違反として見なされることがあるためです。

 

また、階下や周囲への二次被害にも気を付けましょう。廊下や天井を伝って被害が拡大することが考えられます。バケツで水を受ける・防水テープで養生するなどといった応急処理を施しましょう。

 

まとめ

サッシから雨漏りをする原因と自分でできる簡単な対策方法について紹介しました。サッシから雨漏りした場合は自分で応急処置を施すことが可能ですが、雨漏りの被害を最小限に抑えるためにも適切な処置は業者に依頼するのが一番でしょう。

 

賃貸の場合は管理人に対しての報告義務が発生することも覚えておき、独断で修理することはできないため注意しましょう。サッシは約7~10年で経年劣化してしまうと考えられています。雨漏りを防ぐためにも年に一度はきちんと確認しておくのがよいかもしれません。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで